気をつけよう! 夏の暑さとインド楽器!

2013年6月6日     No Comments    Posted under: 商品について

インド楽器と普通の楽器の違いはいっぱいありますが、自分のシタールが残念な状態になってからでないと分からない違いもあります。

インドパパ、以前、長野県の大鹿村というヒッピーが住む村にシタールを持ってキャンプに行きました。そのキャンプは長期旅行者や、オーストラリアをバイクで一周した人が集まるようなキャンプで、楽器を持って行き、演奏すると大変喜んでもらえたのです。

そのキャンプは8月のお盆の暑いさなかに行われるのですが、シタールを持っていったインドパパ、雨が降ると困るからと思って車の中に入れておきました。そして次の日…いざ演奏しようと思ってシタールを見てみると!! シタールがブツブツになっているではありませんか!!! ツルツルだったシタールの表面はまるでやけどのように水疱ができ、ケロイド状になっています。愛するシタールのあまりに変わり果てた姿にその時はただ呆然。

そして、その経験から「インド楽器は熱に弱い」ということを学習したのでした。きっと、インドで楽器用に使われているニスが70度くらいになると溶け出し、蒸発し始めるのでしょうね。

演奏してみると、音は変わらなかったものの、あまりにも見た目が悪くなってしまい、ガッカリな状態でした。結局、そのシタールは一度全部パーツを外し、サンドペーパーでニスを落とし、改めてニスを塗って再生させました。

そして今回。今週届いた荷物を開けてみたら…
「ああ、ヤラれてる!!」
インドで作られた時は綺麗だったはずのシタールの表面がブツブツに…

それもそのはず、今インドは酷暑期で気温が47度とか、そういう状態なのです。
きっと、集荷の車の中にちょっとだけ長く置かれてしまったのでしょう。

表面はこんな感じに…

裏面も…

しっかりしたグラスファイバーケースに入ってきたのに、それでも熱は避けられないって事ですね。

このような状態で届くと本当に残念ですが、これもまたインド、そして海外との取引では避けられない事。
なんでも、すべてが順調に行くわけではありません。

インド楽器を持っている方、これから夏だし危ない季節に入ってきます。
くれぐれも大切な楽器を直射日光の下に放置しておいたり、車の中に放置しないで下さいね。

私たちを反面教師にして、ぜひ、ご自分の大切なシタールを守ってあげて下さい。

■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

人気の記事