辺鄙な漁村に変化する、シーズンオフのゴア

2019年11月21日     No Comments    Posted under: インドが大好き!!, 旅行記
■シーズンオフのゴアがとっても素敵でした
ティラキタ買付班、通常は12月から2月がオンシーズンのゴアに、季節外れとも言える10月に行ってきました。10月は外国人ツーリストやゴア在住のヨーロッパ人がほとんどいない、モンスーンがちょうど終わった時期で、閑散としていて、「誰もいないからつまんないよー」と言われていたのです。「確かにそうかもな」と思いながら、特に期待もせずゴアを訪問したのですが、意外や意外、モンスーンが終わった後のゴアにはインドの田舎と漁村の魅力があふれていました。10月の何がいいかと言うと、とにかく旅行者がいないということに尽きます。外国人や旅行者がほとんどいないので、ゴアが本来の姿である落ち着いたインドの漁村の姿に戻るのです。ゴアでは、人々は自然に囲まれた、豊かな生活を送っています。潮が引けば潮干狩りに行き、魚を獲って暮らしている人も数多くいます。美しい田んぼと、ココヤシの木が立ち並び、農民たちがゆっくりとした時間を過ごしています。いつも暑い印象のインドですが、モンスーンの後のインドは、そこまで暑くなく、気持ちいい気候です。Tシャツ一枚でも大丈夫だけど、夜になるとちょっと肌寒い感じでしたよ。
■スクーターで走り回るのが気持ちいい
ゴアで一番のアクティビティは、スクーターを借りてその辺を走り回ること。気の向くままに、ただ気持ちよく走り回ること。 それが、本当に気持ちいいんです!!!ゴアの魅力は、パーティーではなく、スクーター遊びに尽きるのではないかと思っています。スクーターに乗って、地元の人達が釣りをしに集まる堤防にやってきました。このスクーターを借りて走って遊ぶというのは、インドの他の地域ではなかなかできることではありません。バラナシやデリー、ジャイプールなどの都市部は、交通量があまりにも多すぎますし、運転も荒いのでとっても危険です。ちょっとした隙間さえあれば、インド人がグイグイと横入りしてくるような所で、僕たち日本人が運転するのはほぼ不可能!!! ムリだよ!! 死ぬよ!!でもここゴアは、交通量も多くないですし、基本的には小さな漁村なので、自然の中を駆け巡って気持ちよくスクーターで走ることができます。 気になる免許は…もちろん国際免許が必要ですけど。 でも、正直、スクーターを乗り回している外人の何パーセントの人が国際免許証を持っているんだろう?って思う状況です。誰に聞いても「免許なんていらないよ」って口を揃えて言うばかり。地元の友人は「スクーターに乗っている時、警察に呼び止められたら、愛想よく手を振って通り過ぎるだけよ!」と言っていました。正直、警察から逃げたら大変なことにしかならない!!と思うんですよね。 警察は逃げようとしたら絶対に追いかけてきますもん!! 日本で警察から逃げたら超大変なことになりますよ。のですが、ゴアでは、警察から逃げても大丈夫なのだとか。 本当かなぁ…友人が加えて言うには、「逃げるという気持ち自体があってはダメなんです。 そもそも、停る必要がない人間なんで。 顔パスなんで。 的な威風堂々とした安全運転で通り過ぎる、、、、なりきりゲーム」なんだそう。 すごい難しいゲームだ!!!でも、事故したときに大変そうなので、やっぱり国際免許は持っていたほうが良いと思いますけどね。
■ 緑の色がビビッド
10月のゴアは、長い雨季であるモンスーンが終わったばかりですので、植物の色がとても鮮やかで、フレッシュ。そしてビビッドなのが特徴的でした。ゴアの家の色はとてもカラフルですが、そのカラフルに負けないほどの緑の色の強さ。 ディープグリーンとも言うべき緑の色は、モンスーン明けのこの季節にしか見ることができない特別な色です。 南国のビビッドな花の色が、深い緑によく合います。
■ 景色がとっても素敵!
モンスーン明けのゴアは、空気感が特別です。抜けるような空の青。 染み入るほどに美しい夕暮れ。 ちょっとモンスーンの名残を残す空と、無料の渡し船
■ 程よく外人に慣れている
ゴアは世界的な観光地ですので 、街の人々は程よく外人に慣れていて、私達がうろうろしても全く不思議な顔をしません。あたかも空気のように普通に受け入れてくれます。レストランなどの施設もシーズンオフですから多少閉まっている所がありますが、そこまで困る程ではありません。2月のシーズンに向けた、充実したファシリティがほぼそのまま使え、そして観光客がほとんどいない。すごい田舎の空気感なのに、僕たち旅人のニーズが全て満たされる素敵な場所でした。シーズンオフのゴア、これはアリだな!!! と強く思ったゴア滞在でした。初めてのゴアはやっぱり12月から2月のシーズンが良いですが、ゴアを再訪する際は、シーズンオフも考えてみると良いのではと思いますよ。牛に道を阻まれて、行けなくなるのも楽しい時間でした。 腹を出して、完全に降参した状態の犬も面白かった! ゴア、楽しかったなー。 また行きたいなー。
■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

BLOG内から検索

今日の新入荷商品

今日のセールをピックアップ