新年に騒ぐと大問題? パキスタンの味気ない新年

2013年1月3日     No Comments    Posted under: インドが大好き!!

「ちょっとお前!! 止まるんだ!」 街で首尾よく新年の花火を手に入れて宿に帰ろうとしていた時のこと。警官に呼び止められたのがトラブルの始まりでした。

事のはじめはインドパパが21歳の大学生の頃…17年前にさかのぼります。大学の最後にかねてからの夢であったユーラシア横断に出かけることになりました。所持金20万円を持って意気揚々と飛行機でヨーロッパに飛んだものの、あまりの物価の高さに閉口し、滞在1週間でアムステルダムからトルコに飛び、トルコからインドまで4ヶ月かけて横断したのです。

トルコ、イランを陸路で横断して、パキスタンに入国したのが旅行2ヶ月目のある日。でも、そもそもインドパパ、一回目の訪問でパキスタンのカラチで強盗に襲われたこともあり、さっぱりパキスタンにいい思いを持っていません。

「お前ヒゲないだろ? パキスタンに行くとホモに狙われるよ」
「宿に泊まる場合は天井に注意するんだ。夜中、天井から男が降りてくるんだ。」
「パキスタンにはブルカを着た女性スリが多いんだよ」
「アフガニスタンに行くには死んでも構わないという書類にサインしないと」
「街中を歩いていたら、ライフルを持った男がいきなり店から出てきた」
少年が銃を作っている街があるらしい」
道端でアヘンを売っている」

とか。とか。
旅行者を震え上がらせる怖い話には事欠かないのがその頃のパキスタンでした。

カラチの街を歩いていたら、夕方になると同時にあっという間に街から人通りがなくなり「ここは危険な街なんだ」と肝を冷やしたり。日本大使館に行ったら「なんであなたはここに来たんですか? 危険だから、この国から早く出てってください」と言われたり。

そんな中、パキスタンを旅行していたインドパパ。新年をパキスタンで過ごすことになりました。パキスタンはイスラム教の国です。イスラム教に新年はありません。1月1日は単純に新しい年なのであって、私達日本人の様に祝う対象ではないのです。むしろ、新年を祝うことは教義に反する、半イスラム教的な行動なのです。

でも僕たちはやっぱり日本人。やっぱり新年はお祝いしたいもの。こんな国にいるけど、せっかくだからパキスタンで新年を祝おうよという事で、仲間の旅行者とともに市場に花火を買いに出かけました。でも、花火はなかなか見つかりません。いくら歩いても見つかりません。一般的にパキスタン人が花火を使う新年から外れているのですから、当然です。寒い2月に花火を欲しがるようなものです。


汚職や交通違反が日常だったパキスタンの警察。庶民からは全く信用されていない…

一日中歩きまわって。やっとこ花火を見つけて。

「やったーー! 花火あったよ! これで新年を祝えるよ!」

宿まで意気揚々と帰ります。その帰り道のこと。

「そこのアジア人!! 止まるんだ!」

2人組の屈強な警官がボク達の事を呼びとめます。
会いたくない人たちに会っちゃいました。
悪い予感しかしません。

「ハイ? なんでしょう?」
「お前たちはなんでここに居るんだ?」
「ツーリストですが…」
「国籍は?」
「日本です。」
「そうか…お前たちの手に持っているものは何だ?」
「花火ですが?」

「新年に使うんだな? ダメだ! 没収だ!」
「ええー、さっき買ったばかりなんですが」
「いや、ダメだ!」

「新年はおとなしくしているんだ」
新年に花火を打ち上げたら逮捕して監獄にぶち込んでやる」
「それとも、今から行きたいか?」

たかが花火を持っているだけで。たかが新年を祝おうとしただけで。
監獄にブチ込まれる危機が目の前に出現です。

結局、諦めて花火を警官に渡し、宿に帰ることになりました。

「ああ、残念だったよねぇ…花火」
「でも、逮捕されるよりはマシかもねぇ…」

がっかりしたボクたち。結局大晦日の10時には寝て。
次の日に、パキスタンを出国する決断をしたのは言うまでもありません。

しかしパキスタン、どんだけヒドイ国だったんでしょう。
強盗に襲われるわ、警官に買ったものを取り上げられるわ、ホモにケツの穴を狙われるわ…

17年たった今、経済成長もあり、そんな状況は大分良くなったのだと思います。
でも、残念ながらまるっきり再訪する気にはなれないのでした。

■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

人気の記事