店名のティラキタってどう言う意味?【ティラキタ駱駝通信 6月20日号】

2013年6月20日     No Comments    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝信 2013年6月20日号


こんにちは!!
ティラキタの梅原です。
お元気ですか?

ティラキタってどう言う意味なんですか?」とお客様から聞かれることがあります。
「なんか意味があるのですか?」
「はい、もちろんありますよ。実は…ティラキタって、インドの太鼓、タブラの音なんです」

ティラキタを始めようと思った2001年の春のこと。僕らはインドのバラナシで楽器を習いながら日々を過ごしていました。でも、僕らには楽器のセンスがあまりなく、そのまま続けていくのはどう見てもムリ。日本に帰る日が一日、また一日と近づいてくる中で民族楽器を扱う雑貨屋さんをやろうということになりました。

お店を作るにはまず名前から。いろいろ考えます。インド風の名前にしてもいいし、アジア風の名前でもいいかもしれません。でも、インド風の名前にしたら、インドの物しか扱えなくなってしまう気がします。でも僕たちはもしかしたら将来、アラブ圏のものだって扱うかもしれないし…どうしよう?

そこでふと頭のなかに出てきたのが、タブラの音である「ティラキタ」でした。インドのタブラには日本の太鼓の「ドン」とか「カッ」等と同じように、一音一音に名前がついています。「ディン」とか、「ナー」とか、「テテ」とか。出てくる音に応じて名前がついています。その中に「ティラ キタ」と言う音があり、それがとても気になっていたのでした。ちなみにティラキタは12拍子に出現する「ダ ダゲ ドゥン ナ ティラキタ」という音の一部です。

「ティラキタね…うーーん。悪くない。誰にも語源がわからない感じがいい」
「でも、インド音楽やっている人はわかるわよ」
「確かに! 判る人にはちゃんと意味がわかるお店の名前ってイイネ!」

という事で「ティラキタ」が
お店の名前になりました。でも、日本では誰も聞いたことのない名前です。領収書を書くたびに「ピラキタ」とか、「キラキラ」とか、「寺北」とか、「ヒラキタ」とか、「ヒラヒラ」とか、いろいろな名前が増えていきます。

「ちょっと名前、 難しすぎたかなぁ…」なんて今になって思いますが、もう名前をつけて12年。いまさら変える訳にもいきません。ちょっと分かりづらくても、インド古典マニアにしか本当の意味が分からないこの店名でいくしかなそうです。

さてさて、さて、今回の駱駝通信は…
・7月1日まで 全品が送料無料!
・【今週のエスニックレシピ】フィリピンのカレカレ
・ディジュリドゥの深遠さに触れる


延長決定! ティラキタは送料もお得! 全品送料無料!

お客様から大好評の送料無料キャンペーン。「終わらないで!」と言う声が非常に多く、7月1日まで延長することになりました。他のお店にない商品をいっぱい扱っているだけでなく、ティラキタは送料もお得です!



【今週のエスニックレシピ】パブ・バジ

今回はパンに合う、ムンバイ発祥の野菜カレー、パヴ・バジです。パヴ・バジはムンバイっ子のソウルフードとも言える1皿で、日本で言う駅のうどんやそばみたいな、手軽でどこにでもあって、みんな安心して食べられるメニューなのです。

基本的には野菜のカレーですが、とにかくつぶしてつぶして細かくするのがパブパジの特徴です。

細かい作り方は上記のリンクからどうぞ。 また、レシピを書くと最大500ポイントが貰えるキャンペーンもやっています



ディジュリドゥの深遠さに触れる

つい先日のこと。ディジュリドゥのムービーを撮影しました。
ちょっとだけディジュが鳴らせるインドパパ、「俺が演奏したのを掲載すればいいじゃない?」と思い、いざ撮影に挑みます。 ティラキタの屋上で5月の真っ青な青空の下、撮影しました。

ディジュは素敵な音の楽器なので、吹いてみると、自分ではなかなかいい音に聞こえます。
調子よく「ブオー」と吹いてみます。 時々、「プスー」と音がスカりますが、まぁ、それも味。
だいぶいい調子に吹けました。自分の中では80点くらいの気分です。

さて、撮影を終えて、実際にみてみると…なんだかだいぶ残念な感じのムービーでした。音は薄いし、下手だし、息は続いていないし…初心者が何とか頑張ってやっている感がたっぷりです。

「ねえ、これ、商品動画としてアップする?」と全員に聞いた所、
「いやーーー、これは恥ずかしいっすね!!」
「ダメですね」
「恥の上塗りするだけですからやめて下さい」
せめて循環呼吸が出来る様になってから」
と散々な評判です。

もっと読むにはこちらをどうぞ!!

1.カディコットン風シンプルスカーフが入荷しました!

肌触りやわらか、フワフワのカディコットン風シンプルスカーフです。本物のカディコットンは、イギリスの植民地時代にガンディがインド人の自立を促した為に普及した手織り布です。品物は素晴らしいですが、その分高級品なので値段もかなり張ってしまいます。その為、ティラキタではお求めやすいお値段の、カディコットン風のシンプルスカーフを入荷いたしました。

2.人気のヨギティがオトクな価格に!!

  インドの伝統アーユルヴェーダに基づいて、体に良いハーブやスパイスをブレンドしたYOGI TEA(ヨギティー)。当店でもリピーターの多い、大人気なハーブティです。

この度、仕入れ経路を見直すことにより、エキナセア

カモミールの2種類が598円になりました!!

優しくまろやかな口当たりのものから、スッキリとした爽快感あるものまで、幅広く取り揃えておりますので、ぜひその時々の気分に合 わせてお召し上がりください。きっと心身共にリラックスすることができますよ。

3.半袖コットンパイピングシャツが入荷しました!

肌触りが心地よいコットンの半袖シャツ。色の異なる糸を合わせて織り込んだ生地は、光の加減で色の見え方が異なります。襟元や袖口にほどこされたパイピン グとの色のコントラストも美しいですね。風通しの良いコットン製で、涼しくラフに着られる一枚です。丈も短めなので、パンツやスカート、何にでも合わせや すくお楽しみいただけると思います。

4.ブラシペイントワンピースが入荷しました!

ヘンプとコットンの糸で編み込んだハットは、どんな服装にも合わせやすいので夏のコーディネートのマストアイテム! つばの部分にはワイヤーが入っているので、つばの形を自由に変形することができてとっても便利です。つばを広げたり、折ったりするだけでもイメージが変わるので、色々お楽しみください。普段のコーディネートのアクセントとしていかがでしょうか?

5.モザイクキャンドルスタンドが入荷しました!!

ガ ラスと陶器で丁寧に一つずつ作られたキャンドルスタンド。中にキャンドルを入れて明かりを灯すと、ステンドグラスのようにちりばめられたカラフルなガラス が鮮やかに光ります。とてもお手頃なサイズなので、食卓やリビングなどに飾っておいても邪魔になりません。インテリアとしてもかわいらしいので、オススメ の一品です。

最初の一本のティーキャンドルは付属します。二本目以降は100円ショップなどで売られておりますので、そちらにてお買い求めくださいませ。

6.インドの飾りのれんが入荷しました!

カラフルでかわいらしい刺繍がほどこされたインドの飾りのれんです。デリーから南下したエリア、駱駝と布、ハンディクラフトと砂漠で有名なラジャスターン州で作られた手作りののれん。象や花、鳥など、とってもインドらしい刺繍が魅力的です。

ドアや棚戸、壁、天井、トイレなど、場所を選ばず色々なところに飾ることができ、お部屋をインドっぽくアレンジするのに重宝します。同じ色のものをいくつも繋げてお部屋を360度飾ってしまうのもアリかもしれませんね。

7.デリーのミニチュア象さんキーホルダーが入荷!

ハンドペイントの小さなゾウさんキーホルダーがデリーからやってきました。
塗装は全てハンドペイントのため、ゾウさん一つ一つの表情がそれぞれ異なっていて、手作りならではの愛嬌を感じられます。ですので、全く同じ物は存在しないため、それぞれが世界に1つのキーホルダーです!!

8.シンガポール料理の素 – ラクサ スープ ペーストが入荷!!

 

シンガポール名物「ラクサ」をお手軽に

シンガポールやマレーシアでよく見られる太めの麺にココナッツ風味のスパイシーなスープでいただく「ラクサ」。

シンガポールの屋台では、ラクサを注文すると、「どれ入れる?」と好きな具材をチョイス。炒めたり焼いたり温めてくれてそれをラクサにトッピングしていただきます。

シンガポールやマレーシアで広く食べられている言わば、「ソウルフード」です。

ココナッツの甘みにピリッと利いたスパイスがたまらない美味しさ。

9.南米の味! インカ コーラ が入荷!!

 

インドパパが南米のペルーを旅行していた時に、お世話になったペルーの国民的飲料、インカコーラがティラキタに入荷しました!!

外見も中身もゴールデンなインカ コーラ。黄金文明の国「インカ帝国」にちなんでつくられた黄金色のコーラ。私たちの常識を超えた「ゴールデンコーラ」は、本場ペルーだけでなく、アメリカ でも大人気なんですって。

見てリッチ、飲めばもっとリッチな気分にしてくれるはず。是非、よく冷やしてお試しください。あなたも黄金のインカ帝国へ。

10.インドのぞうさんベルが入荷しました!

天上から吊り下げるとアジア雑貨屋さんみたいになってとっても可愛いハンギングが入荷しました。
このハンギングは首都デリーからジャイプルの辺りの特産品で、古くから伝統的に作られているインドを代表するハンディクラフトとして知られています。
全て手作りで一つ一つ丁寧に作られておりますので、手作りの温かさが伝わってくる一品です。

11.サリー用のペチコートに新色が入荷!

インドの民族衣装サリーを着用する際、インナーに着るスカート『ペチコート』 コットンで作られた単色のスカートでシンプルそのものですが、このペチコートがないと、サリーを着始める際に布をたくし込んで止めておく場所がありませんので、うまく着ることができません

12.花火柄の長袖コットンシャツが新入荷!

しっかりした質感のコットンで作ったクルタシャツがネパールからやって来ました。しっかりしたコットン素材なので季節の変わり目に1枚でお楽しみいただくのに調度良いです。

花 火のようなお花のような華やかなプリント柄も女性らしい雰囲気になり、個性的で素敵です。シンプルなボトムスに合わせれば、バランス良くお楽しみ頂けます ね。サイドのスリットも腰回りをスッキリ見せてくれます。総柄ですが、首元のデザインやスリットで、意外とスッキリした印象になるのが嬉しいです。

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品