ねえ、ちょっと乗りすぎだから…

2010年10月1日     2 Comments    Posted under: 面白インドニュース

インドに行って、「インド人って小さい乗り物にいっぱい乗るよなぁ…」って思っていたんですが、ここまでとは思いませんでした!

インド人様、やりすぎなんですけど。乗り過ぎなんですけど…
本当にこれを見たら絶句してしまいます。


一体全体、何人乗っているのでしょうか…
インド版、ウォーリーを探せ!みたいになっています

これも凄い! こんなに乗らなきゃいけない理由はドコニアル?

朝の交通ラッシュの模様。ラッシュ過ぎ!

これはバングラデッシュっぽいですね。
沈まないのを祈るばかりです
■気に入ったらシェアしよう!

2 Comments + Add Comment

  • 愉快、愉快お腹を抱えました。わはっはっは。
    それにしてもインドの乗り物って見かけによらず
    丈夫なんですねぇ。
    バスが傾いているみたいですが、2キロくらいの速度で動いているんでしょうか?
    歩いたほうが早そうですよ。
    橋のつなぎ目に立っている人たちは、これから列車に乗るつもりなのかな?
    それとも落とされたけどもう一度リベンジするつもりなのかな。
    船に乗っている人たちはもれなく貧乏人みたいですね。
    しかもただのビンボーどころか財産は
    身に付けているボロキレだけの人も見受けられます。
    下には下がいるもんですなぁ。感心しました。
    日本人もひがんでばかりいないで
    インドの心の広さを見習わなければイケません。勉強になりました。

  • (1)インドの鉄道の標準的な線路の幅(ゲージ)は1.8mほどで、欧州標準軌 (新幹線、京浜急行、近鉄,阪急 etc)の1.435m、ロシア、フィンランドのロシア標準軌 (1.6mほど)よりさらに広く、世界一なので、ゆっくり目に走れば殆ど横方向の振れ(やじろべい的なゆれ)はしません。だから振り落とされる恐れも少なく、ああいう乗り方が出来るのです。
    (2)万一誰かが死んでも大した事件ではない国には欧米日本と異なる「やっちまえ」の自由度があってうらやましい所でもあります。

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


人気の記事


今日の新入荷商品