インドがいっぱいの福袋、追加で作りました!!【ティラキタラクダ通信 1月9日号】

2009年1月9日     インドがいっぱいの福袋、追加で作りました!!【ティラキタラクダ通信 1月9日号】 はコメントを受け付けていません。    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝通信 2009年1月9日号


新年、あけましておめでとうございます。
インドパパことティラキタの梅原です

昨年度は大変お世話になりました。
本当に、ありがとうございました。

お客様があってこそ、私達がお店を出来るのだとの気持ちを日々持ちつづけ、今後も皆様に喜んでいただけるお店作りに励みたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

ティラキタ店長 梅原 篤史 & スタッフ一同


■追加で福袋を作りました!!
50個限定なので、いっぱい入れてみました

新年といえば、やっぱり新年の福袋ですよね。
当店の福袋も、年末に好評のうちに売り切れまして、「え? もうないのですか?」とお客様から怒られることになってしまいました。

購入できなかったお客様、大変申し訳ありませんでした。
お店として、お客様のご期待に添えないのはそれはナシなのではないか…と言う事で、新年の福袋、追加で50個ほど、作りました!

「今年もいっぱい入ってました!!」と好評の福袋です。
泣いても笑っても50個限定ですので、ぜひ、この機会にどうぞ。


■今週のインドニュース
インド国営航空、「肥満」を理由に客室乗務員を解雇


Air Indiaの機体はこんな感じ。窓のところにインドならではの模様が描かれていて可愛いのです
[ニューデリー 6日 ロイター] インド国営の航空会社エア・インディアのスポークスマンは6日、ロイターに対し「極めて太りすぎ」であることを理由に10人の女性客室乗務員を解雇したことを明らかにした。

 解雇された乗務員らは、医療委員会から業務遂行に適さないと公表された後、数年間にわたり地上勤務となっていた。エア・インディア側は、乗務員らには体重減量のために十分な機会が与えられていたとしている。

 同スポークスマンによると、解雇された乗務員の一部は高等裁判所に提訴したが、訴えはその後棄却されたという。

 また、太りすぎによる従業員解雇は今回が初めてではないとつけ加えた。

(Reuters)

新年を過ごしている間に、「ちょっとこれは無いんじゃないの?」と言うニュースがやってきました。Air Indiaのスチュワーデスが太りすぎだからって解雇されたのだそうです。

いや、太りすぎて動けないとか。太りすぎて通路が通れないとか。そう言うことだったら仕事に支障が出ますので、分からないでもないのですが。でも、こんな話、聞いた事がありません。

インドってば昔から「太っているのは裕福な証」としてお金持ちの人は結構みんな太っていたんですよね。でも、ここ最近は「太っているのはあまりよくない」と言う方向にだんだん変わってきているのだと思います。

それを象徴するようなニュースなのかな?なんて思います。


 

1.ハンギングキャンドルスタンドが入荷&値下げしました!!

アラビアンナイトな雰囲気を醸し出すキャンドルランプです。天井や壁から吊って、またキャンプ時にテントの中になどアイデア次第で使用場所は色々。一度火をともすと時を離れた夢幻の世界が出現します。

以前は2200円だったのですが、円高還元で1480円に値下げしました!!






2.インド楽器が入荷しました!!

最近なかなか入荷しないのですね…とお客さまに言われつづけてここ何ヶ月。
在庫切れだった、ハルモニウムとシタールが入荷しました!!

ハルモニウムとシタールって、結構大きいのですが、船便で運ぶと赤道直下の熱で壊れてしまうので、航空便でしか運べないのですね。実は、航空便、つい先日まで凄く高かったのです…お値段を変えないようにするために、ちょっとだけ航空便が安くなるのを待ったんです。


シタール

ハルモニウム

2.2680円の格安サリーが入荷しました

インドの伝統民族衣装『サリー』。サリーは1枚の長方形の布を体に巻きつけて着用します。こちらのサリーは古くから人々に愛され続けているペイズリー柄をモチーフにしたインドの伝統的な模様がとっても華やかな一品です。

また、サリーは工夫次第でカーテンやショール、旗などへと加工して使うこともできます。大きくて意匠の凝らされたデザインがとても綺麗なので「生地・布材」としても魅力的なのですね。ぜひ、サリーの美しさを活かした布アイテムを作ってみてください。

3.ムンバイから色々な本が届きました

The Ideal Home And Garden 2009年01月号

750インド国内向けのインテリア・エクステリア雑誌。欧米の洗練されたスタイルとインドの独特のセンスが融合し、新しい美空間が生まれています。インテリアに興味のある方すべてにおすすめします。

Better Interiors – 2009年01月号

500インド国内向けのインテリア・エクステリア雑誌。欧米の洗練されたスタイルとインドの独特のセンスが融合し、新しい美空間が生まれています。インテリアに興味のある方すべてにおすすめします。

Society Interiors – 2009年01月号

800インド国内向けのインテリア・エクステリア雑誌。欧米の洗練されたスタイルとインドの独特のセンスが融合し、新しい美空間が生まれています。インテリアに興味のある方すべてにおすすめします。

Wedding Affair – Vol.10 Issue4

1000インドの結婚情報誌。結婚に関する色々な事が満載です。結婚式の時に着る美しいサリーやパンジャビドレスの写真はもちろん、料理、コスメ、結婚式の風景写真、新婚旅行先の案内などが掲載されています

Filmfare – 2009年01月07日号

500

有名俳優の写真がいっぱい載っていて、見てるだけでも楽しい、そして英語を読むと2倍楽しい雑誌たちです。インド映画俳優の写真が欲しい人、日本ではなかなか手に入らないインド映画情報が欲しい人にオススメです!!


Movie Mag Indian Edition – 2009年01月号

500

有名俳優の写真がいっぱい載っていて、見てるだけでも楽しい、そして英語を読むと2倍楽しい雑誌たちです。インド映画俳優の写真が欲しい人、日本ではなかなか手に入らないインド映画情報が欲しい人にオススメです!!


IN ADORATION OF KRISHNA

14800クリシュナはインドで大変人気のある神様で、古来よりその姿は細密画や、サリー、タペストリーなどの形で描かれて来ました。この本は、太古の昔から描かれてきたクリシュナの絵を収集して説明をつけた一冊です

INDIAN MINIATURE PAINTING

2480この本は、多くの写真と共にインドにおけるミニアチュールを見る事の出来る一冊。最初から見て行くと、「こんなにいっぱいのバリエーションがあるんだ」と思い、そして、その絵のタッチが持つ異文化な感じに強く惹かれます。芸術や絵画に興味のある方にオススメの内容です

4.アンビエントのCDが入荷しました

インド音楽を聞いても、自分が想像していたインド音楽とはちょっと違う…そんな気持ちを抱かれる方がよくいらっしゃいます。インド音楽だから静かで落ち着けるだろうと思って買うと、結構騒がしく、エネルギッシュだったりして。

もっと静かで、落ち着けて、静かな雰囲気に浸れる音楽はありませんか?そんな質問をよく頂戴します。そこでティラキタでは、そんな素敵な気持ちになれる音楽を集めました。


Zero One – Zero One

2300円

Waveformからリリースされた、Zero Oneのアルバム。

アルバムタイトルから連想されるように、0と1、オンとオフのメリハリ、コントラストの強い音作りが特徴的。

全体的にディケイタイムが短い音で構成されているので、音の粒立ちがくっきりと把握できます。

アンビエントが好きな方、エレクトロニカが好きな方、両方にオススメしたい作品です。


Suns of Arqa – Big & Live

2300円

Suns of Arqaのライブ感溢れるジャムアルバム。

ギター・ベース・ドラムのサウンドとインドの楽器がうまくジャムしており、ダイナミックなダブサウンドが展開されています。

さらにインド風のヴォーカルが加わり、エネルギッシュなライブがさらにヒートアップしていきます。

ぜひ、試聴してみてください。


Sounds From The Ground – Brightwhitelight

2300円

独創性の高いチルアウト・ミュージックを輩出するSounds from Groundのアルバム。

湿度を感じさせないドライなテクスチャーに、ノスタルジックなメロディーが加わり、緻密にダブ処理されたドラムサウンドが空間をどこまでも押し広げていきます。

ダブというと、高温多湿な南国のイメージがありますが、Sounds from GroundはUK出身だけに、ドライでクールな先鋭的サウンドが非常に魅力的です。


International Peoples Gang 006

2300円

どこかとらえどころのない前衛的なエレクトロニカサウンド。

言葉で説明するのがとても難しいので、まずはぜひ試聴してみてください。

例えていうなら、現代アートのインスタレーションなどに使われていそうな、形而上学的な音楽といったらいいのでしょうか。

安易なリラクゼーション音楽とは一線を画す、知的音楽旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?


Yellow Magnetic Star – Andean Trance

2300円

ナスカの地上絵やインカ帝国で有名な、南米のアンデスをテーマに制作された、Yellow Magnetic Orchestraのアルバム。

スペインに征服されるまで、1万年以上独自に発展していたアンデス文明への、ミステリアスな憧憬が感じられるエスノテクノサウンドに仕上がっています。

トライバル、シャーマン、呪術、そんな単語を連想させる、エキゾチックな作品です。


Ambient Temple of Imagination – Y2KAOS

2500円

A TOIことAmbient Temple of Imaginationによる、渾身の2枚組アルバム。

ジャケットの「生命の樹」から連想されるような、幾何学的で神秘に溢れたトリップサウンドが満載。

死の恐怖、やがて命が無に帰す虚無の世界を描いた#7は圧巻。

 


Side Liner – My Guardian Angel

2300円

有機的な打ち込みと、メロディアスなエレクトロニックサウンドを得意とする、Side Linerのヒット作。

無機質で平坦になりがちな電子音を巧みに操り、感情の起伏や感覚の変化を緻密に表現する手法には脱帽させられます。

なかでもアルバムタイトル作#4や#5、#8は本当に美しい!

Side Linerは、非常にピュアで繊細な感覚の持ち主なのだろうなあ、と思いました。


Anahata – Conduktor / The Unmade Sound

2500円

非常に美しく、叙情的な音表現に定評のあるAnahataの2枚組アルバム。

ディスク1はトランス、ディスク2はアンビエントと完全に独立しており、Anahataの才能を2つのサイドから楽しむことができます。

ディスク1は、Anahataらしい繊細な打ち込みが光るプログレッシブ・トランスで彩られており、いままでAnahataのアンビエントプロジェクトしか聞いたことのない人は、結構驚くかもしれません。特に#3はかなりアグレッシブ!

そして本命のディスク2。#1


V.A. – Cafe Tel Aviv

2300円

老舗レーベル・Avatar Spiritが満を持してドロップした、超ラグジュアリーなチルコンピレーション!

Lumin(#3)、Space Cat&Oforia(#4)、Saafi Brothers(#7)、Ticon(#12)など、そうそうたるメンツが参加しており、これ以上あり得ないんじゃ?と思わせるほどリッチでオトナな楽曲群が揃っています!

カフェやラウンジのBGMとして最適!


Medicine Drum – Supernature

2300円

Changing Worldの記念すべきファーストリリース!

シャーマニックな土臭さ、トライバルなパーカッションサウンドで武装したMedicine Drumのアルバム。

トランスとアンビエントが半々の割合でほどよく配合されており、まさにMedicine的なアルバムに仕上がっています。

 


Maladhar – Moonbeams

2300円

パステルカラーの妖精たちが楽しそうに踊っているジャケットが表すとおり、おとぎ話の世界に迷い込んだかのような、メルヘンで叙情的な作品。

心が疲れているとき、現実逃避したいときに聞くと、心を芯から癒してくれ、優しい気持ちにしてくれそうです。


Kate Waterfield – Runa Megin

2300円

エスノアンビエントとかチルアウトというと、インドやアジアを題材にしたものが圧倒的に多いですが、この作品はヨーロッパ的な民族音楽を題材にした、ロマンティックで叙情的なアルバムです。

中世ヨーロッパの世界に入り込み、森の中を歩き続けているような、幻想的な気持ちにしてくれます。オススメ!


Adham Shaikh – Collectivity

2300円

ベリーダンス界で圧倒的な支持を受けているAdham Shaikhのアルバム。

エスニックで情熱的な音作りが高まる感情を加速し、熱狂へと導いてくれます。

ベリーダンスのファンはもちろんのこと、エスノテクノやアンビエントが好きな人にもお勧めです!


V.A. – Plantation

2300円

オトナっぽい楽曲を集めたMindwavesのチルアウトコンピ!

ドイツ、アメリカ、ロシア、イスラエル、スウェーデン、デンマークなど、様々な国の出身アーティストが参加したグローバルなアルバムです。

どの曲もとても洗練されており、お酒を飲みながらくつろぎたいときなどに最適です!


Chill Into The Yantra

2300円

DJ Hyperrionのコンパイルによる、アンビエントのコンピレーション。

ShakriやHydrogenなど、神秘的で煌びやかな音楽を作ることで定評のあるアーティストが多数参加し、ジャケットのラクシュミーとヤントラのように、神秘的かつ呪術的な雰囲気を演出することに成功しています。

全身がとろけるような、サイケデリックなアンビエントサウンドをお探しの方にオススメです。


Kaya Project – And So it Goes

2300円

チルアウトの登竜門、Interchillからリリースされた、Kaya Projectのアルバム。

上質なアンビエントトラックを制作することで有名なKaya Projectですが、この作品はもはやカテゴライズ不能な幅広さ。

音楽スタイルのの幅広さもさることながら、使用している楽器の種類がとても豊富。耳を澄まして聞いていると、いろいろな国の民族楽器が登場していることに気づくでしょう。

 


Liquid Stranger – The Invisible Conquert

2300円

スプリング・リバーブとロングタイム・ディレイの応酬!あなたは耐えられるか!?

極度にダブ処理されたドラム、ギターリフ、ブラス・・・。どこまでぶっとんでいくのか?

ここまで過剰にエフェクトをかけながらも、音楽性をぎりぎりで保つセンスには脱帽です。

ぜひ、ウーファーがブリブリなサウンドシステムで楽しみたい作品です。


V.A. – Sub Signals Vol. 1

2300円

ダブの貴公子・Gaudiがコンパイルした、最上級のダブアルバム。

どの曲も非常に洗練されており、またCD全体の流れもよくまとまっています。

アパートの6畳の部屋で焼酎を飲みながら聴くというより、夜景の見える高級ホテルの一室でブランデーを傾けながら聴きたい、大人向けのコンピレーションに仕上がっています。


V.A. – Gathering the Tribe

2300円

Interchillからリリースされた、エスノアンビのコンピレーション。

エスノアンビといっても、よりトライバルでエネルギッシュな楽曲が多く、キャンプファイヤーを囲みながらダンスに興じる「部族の集会」を思わせる内容です。

ちょっと元気のない時に聴くと、もりもりと元気が沸いてきそうな、ポジティヴなエネルギーに満ちた良作です!


Side Liner – Crying Cities

2300円

クールで洗練された音作りが人気のSide Linerのアルバム。

都会的で乾いた質感と、森林浴をしているようなオーガニックな質感を両立しており、無機質すぎず、土臭くない、とても聞きやすいリスニングミュージックに仕上がっています。

どんなシーンにもマッチしそうな汎用性が高い作品なので、CDバッグに常に入れておきたいCDの一つになるでしょう。

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

Comments are closed.

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品