【ティラキタ駱駝通信 1月21日号】2月の無料壁紙が出来ました

2008年1月22日     【ティラキタ駱駝通信 1月21日号】2月の無料壁紙が出来ました はコメントを受け付けていません    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝通信 2010年1月21日号


こんにちは
インドパパことティラキタの梅原です
お元気ですか?

ここ、ティラキタがある神奈川県の葉山町では昨日から春一番と思われる温かい風が吹いています。まだ1月も半ばなんですが、なんかやけに暖かいのですね。


■世界最大の祭り、クンブメーラが始まりました

さて、暖かいと言えばインドですね!!
大分強引な話の展開ですが…これはティラキタのメルマガなので仕方ありません(^^;

今、インドでは世界最大のお祭り「クンブ・メーラ」が開かれています。
「クンブ・メーラ」は12年に一度行われるヒンドゥー教の大祭で、10000人とも言われるものすごい数のサドゥーたちが集まる事で知られるお祭りです。サドゥーとは、この世界の真理を知るために家を出た求道者。ヨーガをやり、大麻を吸い、多くの物を持たず、死者の灰を体にまとっている人たちの事。


サドゥーはこんな人たち

そんな人たちが10000人集まるなんて、それはそれは大変な事。面白い事が色々起きるビックリ王国インドでも最大級のビックリな出来事です。

ドレッドヘアの裸の男たちが集まる様は写真を見るだけで壮観です。ただ裸なだけでなく、サドゥーたちは個々人それなりの修行方法を持っていて、手を上げたまま10年以上過ごしている人や、顔を土の中に埋めて10日以上過ごせる人など、私たちの常識から見れば「とんでもない!!」人たちがいっぱい居ますので、そんな人たちが10万人も集まるクンブ・メーラはさながら奇人変人大会の様相になります。

今回のクンブ・メーラはデリーの北にあるヒンドゥー教の聖地ハリドワールで行われています。デリーからハリドワールまでは直行列車が出ていますので、行くのはそんなに難しくありません。クンブ・メーラは1月から5月くらいまでの4ヶ月間開かれ、その間にやってくる巡礼者たちは1000万人になるとも、3000万人になるとも言われています。

インドパパもぜひ!!今回のクンブメーラに行ってみたいと思って、飛行機のチケットを探し中です。


■2月の無料壁紙が出来ました

ホット、ホッター、ホッテストとも言われるインドでも一応、冬があったりします。インドは北半球ですので日本と同じ時期に寒くなるので、ちょうど今が冬。インドの冬は日本人からするとぜんぜん寒くないのですが、インド人にしてみれば凄く寒い!!なのだとか。

「何で寒いの?」と思ってインド人の服装を見ると…それも納得。夏の服にちょっとショールを引っ掛けただけとか。とにかく防寒着がなっていないのです。そりゃ寒いよ!! だって、君の服、夏のまんまだもん!

暖かくなってきたのを祝うために、インドでは毎年春を祝うお祭り、ホーリーがあります。今年のホーリーは3月1日。もう、インドでは色粉売りが出現しているでしょうね。3月1日にはこの色粉を水に溶いて色水を作り、水鉄砲みたいにした撃ちあったり、色水風船を作って投げあったりします。ホーリーの日に外に出ると私たち外人はすぐに狙われて、色だらけになってしまいますよ。


■今年のDANCE OF SHIVAの日程が決まりました

毎年、初夏の時期に出現する「ここではないどこか」
今年も開催が決定しました!!

今年の日程は2010年5月21日?23日、場所は南伊豆になります。

新緑が美しい、素晴らしい時期に開催です。
インドから、フィンランドから、そして日本各地から。
インド系アーティスト、トランスアーティストが勢ぞろいする夢の瞬間。

日程はもう決定ですので、もう、有給をとっても大丈夫です!!


■残り10日!! 祝!! 2010!! 新年 謝恩インド旅行プレゼント!!

インド旅行が当たるプレゼントキャンペーンも残すところ、10日になりました。私たちがインドを紹介し続けられるのも、お客様のおかげ!! インドとアジアのおかげ!! と言う事で、インド旅行、アジア旅行が当たるキャンペーンを企画しました。3000円ごとに抽選番号が貰えます。買えば買うほどチャンス拡大です!!

また、大分少なくなってきてしまいましたが、来年のカレンダーも配布中!! ぜひごゆっくりご覧ください。

 

1.金属の神様像が色々入荷しました!!
2.タンカのポスターの新作が登場しました!!
ネパールで描かれた高品質のタンカのポスターです。タンカというのは仏教、密教の世界観や教え等を仏像、シンボル、文字などを用いて描かれたもの。タンカは通常手書きでなかなか手が出しにくいお値段なのですが、ポスターだったら大丈夫ですね!!

今回は輪廻転生のイメージを描いたWheel of existanceが登場しました

3.ふわふわチロリアン柄ポンチョが入荷!!

チロリアンテープのようなかわいらしい柄の入ったネパールのポンチョ。肌触りのよい、ふんわりとした生地でできていて、ぽっかぽっかの着心地がうれしい一枚です。目をひくボーダー柄は、シンプルな格好にもこれ一枚、上に着るだけでエスニックファッションのできあがり!!!

4.ボーダータイパンツが入荷しました!!

手になじむコットンのボーダー布を2枚合わせて作ったネパール製のタイパンツ。写真で見ると4角形でだぼっとしている変哲も無いパンツなのですが、穿いてみると、これが驚くほど着心地がいいのです。一度穿くと、一日中着ていたくなる、そんな一枚です。

5.インドの薄手神様布が入荷しました!!

縦125cm*横55cmのちいさめラムナミ。きらきらと光るラメ糸が、ラムナミの不思議なマサラテイストを一段とUPさせています。薄スカーフとして、部屋のインテリアとしてどうぞ

6.鏡入の光沢布が入荷しました!!

光沢がある織り方の布を絞り染めし、その上にインドのミラーワークを施した、とてもビビッドでかわいい布です!! 写真のようにショールとして、また部屋の中に釣って飾ったり、パソコンカバーにしたりと使い道は自由自在です

6.インドの雑誌が色々入荷しました!!

Outlook Traveller – 2010年1月号

750円
インド国内外の旅行情報、写真が満載で、見ているだけで旅をしているような気分になれる雑誌です。国外からでなく、国内からの視点で見たインドは、また違った姿に見えますね。

People – 2010年1月15日号

300円
アメリカで刊行されている「People」のインドバージョン。スターや著名人のインタビューや写真を通して、インドのセレブの生活が垣間見られます。

People – 2010年1月29日号

300円
アメリカで刊行されている「People」のインドバージョン。スターや著名人のインタビューや写真を通して、インドのセレブの生活が垣間見られます。

Cine Blitz – 2010年1月号

500円

有名俳優の写真がいっぱい載っていて、見てるだけでも楽しい、そして英語を読むと2倍楽しい雑誌たちです。インド映画俳優の写真が欲しい人、日本ではなかなか手に入らないインド映画情報が欲しい人にオススメです!!


marrie claire – 2010月1月号

750円

フランスで創刊され、日本でもお馴染みの女性誌「マリ・クレール」に、インディアンエディションがあるって知っていましたか?

インド人セレブたちの間で流行っているゴージャスなファッションや、見ているだけでもよだれが出てくるスイーツの写真が盛りだくさん!女性のおしゃれ好きや甘いもの好きは、きっと万国共通なんですね。


Femina – 2010年1月13日号

580円
見ているだけで楽しくなってくるようなファッションや、インドの芸能人インタビューなどが掲載されています。テキストは英語です。

Femina – 2010年1月27日号

580円
見ているだけで楽しくなってくるようなファッションや、インドの芸能人インタビューなどが掲載されています。テキストは英語です。

Vogue – 2010年1月号

1200円
『Vogue』は、1892年にアメリカで創刊され、世界各国で刊行されているファッション雑誌。インドでも2007年に発売開始になりました。インドのゴージャスでスタイリッシュなファッションを、Vogueならではのセンスのよい観点で考察。ヨーガによるスタイルアップ法や、アーユルヴェーダを使った化粧品の紹介など、インドならではの美容情報が満載!

Better Home and Garden – 2010年1月号

1000円
インド国内向けのインテリア・エクステリア雑誌。欧米の洗練されたスタイルとインドの独特のセンスが融合し、新しい美空間が生まれています。インテリアに興味のある方すべてにおすすめします。

Film Fare – 2010年1月20日号

600円

インドNo.1の映画雑誌FILMFARE。有名俳優の写真がいっぱい載っていて、見てるだけでも楽しい、そして英語を読むと2倍楽しい雑誌です。インド映画俳優の写真が欲しい人、日本ではなかなか手に入らないインド映画情報が欲しい人にオススメ!!


Wedding Affair – Vol.11 Issue4

1300円
結婚に関する色々な事が満載です。結婚式の時に着る美しいサリーやパンジャビドレスの写真はもちろん、料理、コスメ、結婚式の風景写真、新婚旅行先の案内などが掲載されています。

あまりにも美しくて、見ているだけでインドに行きたくなってしまいます。


ShowTime – 2010年1月号

500円

有名俳優の写真がいっぱい載っていて、見てるだけでも楽しい、そして英語を読むと2倍楽しい雑誌たちです。インド映画俳優の写真が欲しい人、日本ではなかなか手に入らないインド映画情報が欲しい人にオススメです!!

7.ベリーダンスのCDがいっぱい入荷しました!!

Yalla Dance 4

2280円
ティラキタで大好評! 入荷するとすぐに売切れてしまう「Yalla Dance」の第4弾! 「Yalla Dance」はアラビアのクラブシーンを賑わせているダンスチューンを集めたコンピレーション。今回も中東の雰囲気たっぷりで、より楽しく踊れる曲がテンコモリです!!

REG Project、Elie Attieh、Melissaなど、豪華なラインナップ。中東のクラブシーンで流行している曲と、アラビアンソングをリミックスした人気シリーズです


Raks Sharki Volume 3 – Nourhan Sharif

2280円
新しい曲がなければ踊る事すら、新しい曲がなければ息をする事すら出来ないと言うノーハン・シャリフ。彼女が長年のベリーダンスの先生としてのキャリアを詰め込んだ新作が登場しました。

アラビックであるけど、古典的でない。民族的であるけど濃すぎない。その理由はノーハン・シャリフが全世界で教え、そしてこのCDが全世界のレッスン生達に向けられているからだと思います。このCDを聞いて新しい踊りのインスピレーションを!


The Exotic Art Of Bellydance[CD]

2280円
トラディショナルなオリエンタル・ダンスが楽しめる正統派パフォーマンスDVD、The Exotic Art of Bellydanceで使われている曲を収録したCDです。The Exotic Art of Bellydanceを見ながら踊り方を覚え、このCDで発表会なんていかがでしょうか?

これぞベリーダンス!と思わせてくれる正統派な楽曲が詰まっている一枚です


Cairo Plus – Samir Srour & Souher Zaki

2280円
エジプトで大変有名なサックス奏者Samir Srourと、ベリーダンスの生きるレジェンドSouher Zakiが作り上げた伝統的で聞きやすい、踊りやすいベリーダンス音楽CD

Souher Zakiは日本ではまったく知られていませんが、エジプトでは紹介する必要のないくらい有名なダンサーなのだとか。映画に出たり、踊ったりとその活動は多岐にわたります。このCDは彼女の長年のベリーダンサーとしての経験を凝縮したメロディ中心の踊りやすい一枚です


Egyptian Nights Vol 1 – DJ Wassi

2280円
アラブの雰囲気とエレクトロサウンドがいい具合にMixした、東京でクラブに通いなれている人にも聞きやすい一枚。おしゃれで、アラブ、そしてエスニックなのでDJをしている人には重宝する一枚だと思います。特に3曲目のHaremはお勧め!

このCD、最初の方の楽曲は現代的でかっこいいですが、後ろの方になるにつれてだんだん現地っぽくなるのが不思議。この構成、やっぱりアラブの方がそういう音を求めているからなのでしょうか? DJとリスナーの意識の差なのか? それとも…何て色々考えてしまいます。


Samasem Presents Music For Oriental Dance

2280円
伝統的な中東の雰囲気がたっぷりのSamasem Presents Music For Oriental Dance。1972年から米国のシカゴで中東の文化を紹介し続けているターコイズインターナショナルレーベルから発売されているCDです。

ものCDの特徴はなんと言っても「昔の懐かしい感じ」。ダイナミックレンジの狭い30年前を感じさせる録音品質、昔からきっとこの音なんだろうなと言う爛熟の演奏内容と、アラブ音楽の伝統を大変受け継いでいる一枚です。


The Best Arabic album in the world … ever! 3

2280円
悩ましげで絡みつくような女性のボーカル、ノリのいいリズム、どこか遠くを感じさせるメロディ、これが本当のアラブポップスだ!!

厳選された聞きやすく、キャッチーな16曲が一枚のCDにぎゅぎゅぎゅーーーっと詰まっています。アラブ音楽が好き!!と言う人すべてにお勧めできるベスト版です


Strictly Belly Dancing Vol.6 – Eddie The Sheik Kochak

2280円
アラブ音楽、そしてベリーダンス音楽を米国に広めた第一人者、エディー・ザ・シェイク・コチャック(Eddie
The Sheik Kochak)のベスト版、第6弾。エディーは米国だけでなく、アラブ、ギリシャ、アルメニア、イスラエルのCD100枚以上にレコーディングを残している大御所中の大御所。まさに米国の中東音楽の生き字引ともいえる存在です。

Strictly Belly Dancing Vol.5 – Eddie The Sheik Kochak

2280円
アラブ音楽、そしてベリーダンス音楽を米国に広めた第一人者、エディー・ザ・シェイク・コチャック(Eddie
The Sheik Kochak)のベスト版、第5弾。エディーは米国だけでなく、アラブ、ギリシャ、アルメニア、イスラエルのCD100枚以上にレコーディングを残している大御所中の大御所。まさに米国の中東音楽の生き字引ともいえる存在です。

Dunia El Raks – Dr. Samy Farag

2280円
アラブ音楽界のヒットメーカー、サミー・ファラグ(Samy Farag)のベスト盤。サミー・ファラグは1993年にNAFISA
Gem Awordを受賞し、楽曲を提供したEl Raksも1997年にIAMED Awordsを受賞するなど、アラブ音楽の作曲家として大変評価の高い作曲家です。

Belly Dance Party – Isis & The Wings of Isis

2280円
1977年からベリーダンスを始め、そのスキルに定評のあるIsisが率いるダンス集団The Wingsof Isisが選んだクラシック、ドラムソロからエジプシャンポップスまで、幅広く選曲されたベリーダンス伴奏曲集。

米国人が選んだだけあって、あまり現実のアラブっぽくない、私たちが考える夢のアラブみたいな曲が多く選曲されています。一枚持っているだけでさまざまなスタイルに適応できるので、便利です!


Bellydance Treasures Vol.3 – Bassil Moubayyed

2280円
レバノン、ベイルート在住の名バイオリニストBassil Moubayyedのサードアルバム。エジプシャン、レバノン、イラクの楽曲をベースにした14曲を収録。

アップビートでダンサブルな曲から楽器だけのソロ、伝統的なクラッシックまで録音され、ダンサーにもリスナーにも楽しめる一枚となっています。様々なタイプのが収録されているので、いろいろ聞きたい人にぴったりだと思います。


Tabel Ya Issam – Issam Houshan

2280円
アラブのパーカッションをメインに使用したIssamのファーストアルバム。1曲目のTabel Ya Issamと、5曲目のAzzizaはベリーダンスショーの冒頭に使用するのにぴったりな一曲。3曲目のBaladi Accordionはベリーダンスショーの中ほどで使用できるように作ってみた楽曲です。

パーカッションがメインに出ているCDだけれども、パーカッションだけではない、実践的に使用できる内容の一枚です


Hands Of Time – Susu Pampanin

2280円
タブラ、ダフ、カホン、タブラ・バラディなど自在に操るアラビックパーカッションの名手、Susuによるリズム主体のアルバム。ところどころにエレクトリックサウンドが使われてはいるものの、内容のほとんどはパーカッション!

リズムだけの曲が多いので、ノリやすく、練習にはぴったりなのではないでしょうか? パーカッションだけを聴いていても、どことなくアラブな雰囲気がするのはやっぱりリズム廻しの上手さによるものなのでしょうか?


Arabian Superstars – Mixed by Elie Attieh

2280円
アラビアンポップスの名曲を集めた「Arabian Superstars」シリーズ第1弾!! アラブ世界を中心に活躍するDJ、Elie Attiehの選曲でお贈りします。アラビアンポップスと言えば、ノリのいいリズムと悩ましげな女性の声、何を喋っているのかわからない歌詞が特徴ですよね。

ポップなのに別世界。リズミックでダンサブル。聞いていて自然と楽しくなってしまう一枚です。最新ヒットが全15曲収録されており、ベリーダンスを盛り上げる伴奏曲としてはもちろん、ドライブやパーティにも最適!


Lahadat – Kairo By Night

2280円
2003年の International Academy of Middle Eastern Dance
の優勝バンド、Kairo by Nightのセカンドアルバム。Kairo by Nightは米国のソルトレイクで結成されたアラブ系バンドで、重厚でオリエンタルな雰囲気を十分に出しつつも、私たち日本人にも聞きやすいメロディ展開が持ち味です。

Arabic Dance Ensemble – Adam Basma

2280円
まるでアラブのサーカスのようなジャケットが特徴的な一枚。本人たちは大真面目なのでしょうが、僕たち日本人から見ると「妖しい!」、「騙されそう!!」なんて思ってしまう気がします。音もなんとなく、サーカスっぽい感じ…

場末のサーカス感を出すにはこの一枚!


An Oriental Bouquet – Saroyan

2280円
1970年代、80年代のオリエンタルミュージック界で活躍していたHarry Saroyanのアルバム。もともとはカセットで1979年に作成されたものをCD化した一枚です。ドラムソロ、アルメニアン、ギリシャ、ペルシアなど、色々な地方の楽曲をアレンジし、演奏しています。

Harry Saroyanの歌声や歌の内容に多少の古さはあるものの、20年以上たった今聞いてもまだまだ色あせないいわば「Old is Gold」と言われる一枚だと思います。


Al-Hawanem – Mohamed Ali Ensemble

2280円
ベリーダンスの都、エジプト・カイロを拠点に活躍するモハメド・アリ・アンサンブルのコンピレーション。1930年代から1970年代に彼らが行ったフルオーケストラ演奏から、いい演奏だけを厳選して作成した一枚です。

伝統的でリッチないわゆる「昔からのアラブの音」が詰まっています。電子楽器が一切入っていない純粋な民族楽器だけの演奏は現代ではもう、ほとんど耳にする事が出来ないのかもしれません。そういう意味でも貴重な一枚ですね。リスニングにも、ダンスにもいいですが、どちらかと言うとリスニング向きな感じ


La Danse Orientale – John Bilezikjian

2280円
起源をさかのぼると2500年以上前に行き着くというアラブの伝統楽器ウード。多少残響のある軽めの音が特徴の楽器ですが、このアルバムは世界屈指のウード奏者、John Bilezikjanが自身の全盛期である1975年に録音したアルバム。もともとはカセットでの発売でしたが、近年、その卓越した演奏内容を再評価してCD化されました

30年以上前の録音ですが、音質も演奏内容もまったく古びていないのに驚きます。ウードの優しい響きが心に残る名盤です

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

Comments are closed.

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品