ロマンあふれる自然染料 – インディゴケーキを求めて【ティラキタ駱駝通信 6月3日号】

2021年6月3日     No Comments    Posted under: 駱駝通信バックナンバー

こんにちは。ティラキタの梅原です。

お元気されていますでしょうか。

こちらの写真は、南インドで藍の葉っぱを大きなプールに入れて、インディゴケーキと呼ばれる自然染料を作っているところです。

ティラキタでは、この自然染料であるインディゴケーキを探して、はるばる南インドまで旅し、産地の人々と繋がり、入荷してきました!!!

インディゴケーキの事を知ったのは2-3年前にモロッコを訪問したときだったのですが、そこからインディゴケーキを追いかけて南インドまで行き、生産者に出会い、輸入の算段をつけてと、とっても長い道のりでした。

今回は、そのインディゴケーキの話をお届けしたいと思います。
ぜひごゆっくりお楽しみくださいませ。


ロマンあふれる自然染料 – インディゴケーキを求めて[インドモノ辞典]

インディゴケーキとは、人類が何千年も使ってきた、伝統的な自然染料です。インド藍を農園で栽培し、発酵させ、固形にして、長期保存可能で誰でも簡単に使えるようにしたブロック状の自然藍です。

古来から、インディゴ染色の最も古い中心地はインドでした。インディゴと言う名前の中にインドの名前が含まれていますもんね。 その昔、インドで作られたインディゴブロックは、駱駝や馬の背中に乗せられて、はるかヨーロッパへと、隊商を組んで輸出されていました。。

今回はインディゴケーキの魅力と仕入れ旅の話を書いてみました。


【今週のレシピ】サルソン・カ・サーグとマッキッキロティ

インドの緑色の料理といえば「サグカレー」が有名ですが、こちらはからし菜を使うことが特徴のサルソン・カ・サーグ(Sarson-ka-saag)。

パンジャブ地方などで主に親しまれています。北インドでは冬から初春くらいに楽しまれる季節料理です。

とうもろこし粉で作る無発酵パン(マッキッキロティ Makki ki roti)と組み合わせて食べられているのが定番です。 からし菜と青唐辛子がさわやかな辛さです。トウモロコシ粉の香りともさすがによく合います。


1.一週間も燃え続けるアジアの渦巻きお香が新入荷♪


2.スパイスグラインダーがデリーからやってきました♪

■スパイスを自分でパウダーに!
ホールスパイスをつぶし、自分好みのマサラが作れるスパイスグラインダーです。スパイスを潰すときの熱が金属に吸収され、熱で香りが壊れないので、より香り高い料理ができます

3.ネパールストライプ ワンピースが再入荷♪

4.波打ち際の音がする打楽器 マリンドラムが入荷♪

■さざなみの音がする打楽器
世界最古とも言われる片面太鼓である「フレームドラム」を両面張りにし、中にビーズを封じ込めた打楽器です。

傾けるとざらざらと波打ち際のような音がします。半透明の方の打面はスネアドラムのように端切れの打音が、透明側の打面はサスティンの長い打音が鳴ります。

5.フェザーつきネイティブドラム – rebanaが新入荷♪

6.チャパティやローティ用のフライパンが入荷♪

■タヴァ槌目仕上げ
インドの料理、チャパティやローティを焼くための調理器具。表面はステンレスで、裏面は銅でできており、直火でぷっくりと焼き上げることができます。

7.何通りも楽しめるコットンレイヤードワンピース♪

8.手編みコットンのハンギング収納【3段】が新入荷

■場所をとらない小物入れ
家の壁や天井から、色々な所に吊るして使うことの出来るネパールの手作りハンギングです。パステルカラーのコットン糸を使って、ネパールのお母さんたちが、手編みで一つ一つ、丁寧に作り上げました。コットン糸で作られているので、柔らかく、やさしくてキュートです。

9.インド藍の自然染料 インディゴ ケーキが新入荷♪


10.ラジャスタンのマトンカレーの新作が入荷♪

■ラール・マース – LAAL MAAS
ラールは赤、マースは羊肉。ティラキタ買付班が、インドカレーの中でも一番美味しいものの一つだと思っている、北インドのマトンカレーです。

インドでは、ヤギを屠殺し、骨ごとお肉をぶった切り、3cmから5cm位の肉付きの塊肉にして、それを煮込みます。そうする事によって、お肉の一番美味しい部分である骨の周りが存分に味わえるのです。

こちらのラール・マースですが、流石に骨は取り除いてありますが、できるだけ塊肉を使うように作られていて、本場のカレーを彷彿とさせます。

11.カンタ刺繍とウッドブロックプリントのクッションカバー♪


12.フェルトのキャットハウスが新入荷♪

■あたたかい猫ハウス
ヒマラヤを擁する北国・ネパールから、ぬくもりのあるおしゃれなキャットハウスが届きました。

まるで繭のようなまん丸の形をした猫のお家で、猫ちゃんが入って首を出すととってもキュート!ハウス以外としても、座布団として座ってくれたり、ベッドとして上で寝転んでくれたりとにかく可愛い癒しアイテムです。猫好きのスタッフもメロメロになってしまいました!

13.アジュラック染のコットンジレが新入荷♪

14.藍染とカンタ刺繍のクルタシャツ♪

■大人のエスニック
北インドのジャイプールで作られた藍染・インディゴ染めの布を、おしゃれに日常使いできるようにした男性用のシャツが出来上がりました。サイズは男性用ですが、女性が着てももちろん素敵に着こなせます。

15.ネパールから何通りも楽しめる!魔法のターバンが入荷♪

6.ネパールのゆるきゃら – ネズモンが入荷♪

■ネパールの不思議なフェルト製品
今回やってきたのは、なんとも不思議な見た目のネズモンです。特徴的なのが、顔の周りとお腹のところがハートになっているところ。きっと大きな愛を持っているのだと思います。

動物シリーズが一部を除いて、ある程度モチーフの動物が分かるのですが、こちらのネズモンは「パンダ」「熊」「猿」「ネズミ」などスタッフの間でも意見が割れました。

17.シンプルシンギングボウルがネパールから

18.旅行人の新刊「旅がくれたもの」が新入荷

■旅がくれたもの約400点を大公開
旅で買ったり、もらったり、拾ったり。 さまざまなものの物語。 なんでわが家にこんなものがある? どうやってこんなものを手に入れた? 旅がくれたもの約400点を大公開!

19.シンプルプレーンのコットンクルタが新入荷♪


20.ケバブがお手本のスパイス香る奥深い味わいのトルコ風カレー

■トルコのケバブをカレー化しました
トルコの代表的な肉料理の一つ。食欲そそるスパイスの香りと鶏肉の香ばしさが特長のケバブをカレーにアレンジ。

グリルした鶏むね肉に合わせるのは、トルコでは馴染みのあるトマトソース。鶏肉の香ばしさに数種類のスパイスを組み合わせ、奥深いスパイシーな味わいに仕上げました。

■気に入ったらシェアしよう!

Comments are closed.

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品