【ティラキタ駱駝通信9月27日号】インド映画フェスティバルが東京と大阪で開催!

2012年9月27日     No Comments    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝通信 2012年9月27日号


こんにちは!
インドパパこと、ティラキタの梅原です。
お元気ですか?


インド映画祭り!

宣伝不足で、インド映画ファンの間ですら全く話題になっていないのですが、10月6日から12日までインド映画フェスティバルが東京と大阪で開かれます。「インド映画フェスが開かれるんだって!」と昔からのインド映画ファンに言うと「フェスって言ったって、最新作がちょっとで、あとは昔の映画なんじゃないの?」なんていう皮肉が聞こえてきそうですが、今回はだいぶ様子が違います。

ここ数年の間に、インドでヒットした作品Zindagi Na Milegi Dobaraや、Mai Hoon Naa、Devdas、Love Aaj kalなど、ヒット作品を中心に上映タイトルは20作品以上!! しかも日本語字幕付きで!!10月6日から12日までの間、毎日上映作品が違いますので、会期中ずっと、映画館に缶詰になってしまう人も出るのではないのでしょうか?

インド映画界、久々の大事件です。インドパパ、長いことインド映画を見てきましたが、こんなに集中して日本でインド映画が見られる機会は今回が初めてです。

東京会場はオーディトリウム渋谷、大阪会場はシネヌーヴォですよ!!

上映時間、上映内容など詳しくは以下のWebをご覧ください。
http://www.indianfilmfestivaljapan.com/

さて、今週の駱駝通信の内容は…
・俺の鳩に餌をやれ! インドの給餌ビジネス!
【今週のエスニックレシピ】インドネシア風サテ―
【10月5日まで】1000円以上お買い上げで送料無料!

秋のはじまりセールも開催していますよ!
ぜひ、ごゆっくりお楽しみ下さい。


■俺の鳩に餌をやれ! インドの給餌ビジネス!

「部屋の中にサルが入ってくるから扉閉めて?!」 日本人旅行者に有名なバラナシのクミコハウスのオーナー、久美子さんは毎日のように同じ事を叫んでいます。クミコハウスの屋上から3階のドミトリーに通じる階段には頑丈な鉄の扉がついているのですが、インドに、特にバラナシに不慣れな旅行者たちは日本と同じ感覚で屋上に通じる扉をついつい開けっ放しにしてしまいます。そうすると…それを見つけたサルや鳩が中に侵入してくるのです。

聖なる町バラナシにはサルだけでなく、鳩、牛、犬、羊など、ありとあらゆる動物がいて、街中はまるで動物園のよう。細い道の真ん中で牛とばったり会ったりして「モー、通れないよ!」と困ってしなうこともしばしばですし、道を歩く時だってよく見て歩かないと牛のうんちを踏んでしまいます。

「そんなの不衛生だし、動物は動物の場所に行ってもらったほうが…」と私達日本人は思いますが、インド人はどうもそういう感覚ではありません。牛はヒンドゥー教で聖なる動物として考えられているので保護され、サルは神様ハヌマンの化身なのでやっぱり保護されますが、そうでなくても、ありとあらゆる動物が保護され、大切にされているようなのです。

これはムンバイの街中で見かけた光景なのですが…犬たち、安心して寝過ぎです!!! 一匹だけでなく、何匹もが道の真中で堂々と寝ています。インド人たちは犬のジャマにならないように道の端っこを歩いていました。犬たちがこんなに安心して寝られるなんて、なんだかホッとする光景ですよね。インド人の動物に対する愛を感じます。

インド人はどうも動物たちが大好きです。動物たちをあまりいじめませんし、どの動物に対しても優しさを感じます。きっと、宗教的にそういう事になっているのだと思いますが、動物に優しくすると「良い事をした」と思っているフシがあります。

「抜け目ない!」という気もしますが、そんなインド人の心を逆手に取ったビジネスもまた存在します。ムンバイの繁華街マスジッド駅の歩道橋に椅子一つでお店を出しているこの男性が売っているものは鳩のエサ。鳩の餌はコップ一杯2ルピー=6円です。

見ていると面白いように鳩の餌が売れていきます。購入するのは主に男性で、ちょっと年配の方が多いようです。きっと、自分の行き先を考え、宗教心が高くなり、ちょっと善業を積んでおこうということなのでしょう。

エサを投げた先を見ると…餌の量よりも鳩の数のほうが少ない!! いやぁ、これは鳩にとっては天国です! エサ食べ放題の場所など、そうそうありませんよね????


【今週のエスニックレシピ】インドネシア風サテ―


インドネシア風串焼き焼鳥。美味しすぎてヤバイ

インドネシアの街をさまよっていると屋台や定食屋さんから、炭火の美味しそう な香りが・・・。そして、ついつい串焼き肉を買ってしまいます。

お肉の味付けは、ちょっと甘めの濃い口醤油。甘いピーナッツソースをたっぷりかけていただ きます。今回は、簡単にできるシーズニングを使いました。子供から大人まで幅広くいただけますし、ビールのお供としても最高ですよ。

ピーナッツソースにピーナッツバターを入れない場合は、サラダ油を大さじ3にしてください。甘すぎる場合は、お好みで醤油を足してください。

細かい作り方は上記のリンクからどうぞ。
また、レシピを書くと最大500ポイントが貰えるキャンペーンもやっています! 


【10月5日まで】1000円以上お買い上げで送料無料!

現在、1000円お買い上げで送料無料キャンペーンを行っています。1000円以上買うと、お買い物籠に「おまかせ(送料無料)」が出現しますので、それを選んでご注文いただいた時に、送料無料でお送りさせて頂きます。

 

1.インド映画のフリーペーパー NAMASTE BOLLYWOOD入荷!

日本で唯一! 印刷媒体でのインド映画の情報源Namaste Bollywoodの最新号34号がやって来ました!!

今回の特集はコルカタを擁する文化的な地域ベンガルと商都ムンバイの結びつきをテーマにしています。

2.9月28日まで! 秋のはじまりセール 開催中!

3.色々な香りのナグチャンパ石鹸が入荷!

1964年に創業された老舗Shrinivas Sugandhalaya社はインド国内はもちろん全世界に向けて高品質なお香を輸出している事でよく知られているお香メーカー。その中でも、「ナグチャ ンパ」は世界でもっとも有名なインド香として、日本はもとより、世界中で愛用されていいます。

そのナグチャンパブランドのハーバル石鹸がこちら。インド版漢方のアーユルヴェダに基づいた草木を配合してある石鹸ですので、手洗いはもちろん、お風呂での使用まで色々なシチュエーションでお使いいただけます。

3.モン族 – 牛革のスマホケースが入荷!

幾何学模様の刺繍がとても素敵な、タイ山岳民族の牛革スマホケース。
アジア物とは思えない程のしっかりとしたクオリティです。刺繍も厚い生地で縫われており、貴方の大切なスマートフォンや、アイポッドなどもちゃんと守ってくれること間違いなし!

4.婚礼用ゴージャスサリー 3点セットが入荷!

インドでは結婚式が人生の一大事。結婚式に年収の3年分から4年分を使い、それはそれは大変ゴージャスに行います。参加する人達も綺麗なサリーを着て、大 変華やか。このサリーはインドの結婚式用にハンドメイドで作られた大変ゴージャスなサリーです。丁寧に縫いつけられたビーズにミラー。豪華に見えるように 考えられた配色。すべてがインドらしく、美しく、本当に素敵です。

5.インドの釜 – インスタントタンドゥールが入荷!

ガスコンロの上において火をつけるだけで、ピザ釜にも、インドの釜にもなる超インスタントなインドの逸品です。
家でも美味しいタンドゥール料理が食べたい…そう思ったインド人、遂にこんな物を開発してしまいました!!

ガスコンロの上に直接乗せるタンドゥール釜です。実はティラキタ店長、もう数年前にこれをインドで発見し、自宅で使用していました。インドからの輸送中に 変形したので蓋はちょっとうまく閉まらないし、大きくてかさばるけど、でもやっぱり、これでチャパティを焼いたり、ピザを焼いたりすると本当に本当に美味 しいのです。

6.分割カレープレートが入荷!

インドのレストランや家庭で広く使われているステンレス製の分割ランチプレート。丈夫で長持ち、重厚感あるステンレス製ですので長くお使いいただけます。

一つ一つの仕切りは多少深さもあるのでインド風にカレーを入れてもいいですし、普通のランチプレートとして色々なお惣菜を入れてもいいですね。もちろん重ねて収納できますので、食器棚のジャマにもなりません。

7.インドの鏡セットが入荷!

インド製の服やバッグについていてキラキラ光る、アジア独特のインド鏡がインドから届きました。 現地の女性たちは、この鏡を布にあてて、周りを刺繍で縫っていくのですね。丸鏡押さえを使って、糸で綺麗にかがって使用できますし、現地の女性たちは押さえなしでも縫いつけていくようです。

8.タイダイロングサロペットが入荷!

タイダイ染めが個性的なサロペットです。素材は肌触りがよく、さらさらしたレーヨン素材を使用で履き心地は楽チン最高です。身長がある方なら、パンツとしても履けるかも??
大きめの作りなので、体型を気にしないではきこなせていただける便利な1枚です。

9.神様プリント・リヴパンツが入荷!

腰の部分が腹巻状になっていて秋や冬でも暖かく過ごせるネパール製のリブパンツ。 右足の裾にはガネーシャのプリントが入っており、さりげなくエスノなセンスが光るデザインがかっこいいです。 通気性、機動性に優れているので、踊るときやラフな部屋着として大活躍しそうです。

10.インドの雑誌が入荷!

Star Dust 2012年9月号 \790
サルマンの58ページブックレット付き!
Star Dust – 2012年8月号 \790
ジョン・アブラハム – 俺はヌードシーンは構わないけど…など
Femina – 2012年9月5日号 \500
次世代のタレント特集など
Femina – 2012年8月22日号 \500
アヌーシュカ・シャンカール-彼女を形作る自信など
Film Fare – 2012年8月15日号 \650
プリンヤンカ・チョプラインタビューなど
Filmfare – 2012年09月12日号 \650
アクシャイ、カトリーナ、イムランへのインタビューなど

11.スオミ・ゴアトランスのCDが入荷!

Villa Mercedes – Ibiza Lounge \2280
イビザ出身のアーティスト・Eleaのメンバー、SWANNが選曲したラウンジ、アンビエント系コンピーレーション。アッパーすぎずダウナーすぎない絶妙なチルアウトサウンドが、テンションをマイルドに保ってくれます。パーティー帰りや、家でまったりとしたい時、オフィスでのBGMに最適
SPACE TRIBE PEAK EXPEAIENCE \2380
ダンスフロアーを沸かせ、狂気の渦に巻き込むリリースを連発しているSpace Tribeの12枚目のアルバムリリース! その名もピーク・エクスペリエンス! ピーク・エクスペリエンスとは、踊っている最中に凄く嬉しくなってきて、嬉しいのが止まらなくって、なんだかもう世界中の人が大好き!!っていう状態の事を指すのですが、このアルバムが目指すのまさにその頂点
Colour Saturation \2280
ダンスフロアーを沸かせ、狂気の渦に巻き込むリリースを連発しているSpace Tribeの4枚目のアルバムリリース! 中に入っているサウンドも素晴らしいのですが、まず目を引くのがこのカラフルなジャケット! Space Tribeならではの配色で嬉しくなってしまいますね
Open Your Eyes – Alien Jesus \2280
トランス界のビッグネームGMSとSpace Tribeが組んだ新ユニットAlien Jesus。GMSやSpace Tribeと言うだけでファンにとっては垂涎モノ!

中に入っているのはすべてのルールを破壊する新サウンド…新しい次元と方向性を求めて作られた9トラックはどれも今まで聞いたことのない新しいサウンドです。脈打つベースライン、疾走感のあるリズム、シンセサウンド、ギター音、そしてボーカルが交じり合う!!

Hadra – Trance Festival 2012 \2380
HADRACADABRA等の人気コンピをリリースしているHadra Recordsはリリースの一方でHadra Trance Festivalと呼ばれるパーティーも主催しているのですが、このアルバムはそこHadra Trance Festivalに出演しているアーティストすべての楽曲を集めたHadraの総集編とも言うべき一枚
Resistrance \2380
フランスのトランスレーベルHadraで中心的な役割を担っているDrissが満を持して発表したフルオン2枚組コンピレーション。

収録されている楽曲はPsysexなどのビッグネームだけでなく、日本にも何回か来日したことがあるMr.Peculiarや、Broken Toy、そしてフランスのローカルシーンで活躍するアーティストまで様々

Alternate Worlds \2280
90年代からゴアなどで多くのオーディエンスを楽しませてきたベテランアーティストMr Peculiarこと、Dustin Bint。日本にも何回か来日したことがあるので、実際に彼のプレイを生で見て聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

このアルバム「Alternate Worlds」はDustinの5枚目のフルアルバムで、今までのトランスを継承しつつ、そこに新たな解釈を加え、ニュースタンダードとなる作品を目指して作られた一枚です。

Pangaea \2280
Hadra Recordsが自信を持ってリリースするJimsonのファーストリリース、Pangaea
Audio Extremists – Digital Talk \2280
フランス出身のジュリアンとルークの二人で構成されるユニット、DIGITAL TALKの2ndアルバム。幼少期から音楽に親しみ、1994年にトランスに開眼してから、個性と才能のあるアーティストとして活躍してきました。

トランスシーンを揺るがした1stアルバムのNew Age Surfから6年の充電期間を経てリリースされた本作Audio Extremistsは、ファンに長く待ち望まれてきた一作です

Strange World – Elea \2280
エレクトロニカ系の電子音とアコースティックなギターサウンドに美しいボーカルが乗った、パーティーのアンビエントフロアーはもちろん、カフェやオフィスでのリスニングにも大変適した楽曲から、軽く体を動かしたくなる楽曲まで色々な曲を収録。

ELEA GOAがボーカル、ピアノ、キーボードを担当し、有名コンピレーションKumharasを選曲していることでも知られるSwannがプログラミングと、ボーカル、ギター、ドラム、パーカッションを担当

License To Feel – Elea \2280
ブラジルのTrip Do Brazil’s rythm sectionとのマキシ« Just Mix It »のリリース後に作成したELEAのニューアルバムLicense To Feel。

パーティーアイランド、イビザにおいて過去6年間もレジデントバンドとして活躍、エスニックなテイストとビーチを連想させる明るめの音で多くのリスナーを楽しませてきました。エレクトロニカ系の電子音とアコースティックなギターサウンドに美しいボーカルを乗せたトラックを中心に、雰囲気の良い曲がたくさん!

Galaxy Falls - Digidep \2280
ブレイクビーツやトリップホップ等の音楽をサイケデリック・トランスと融合し続けてきたArash Kianが作曲家などと力を合わせて作り上げたDigidepプロジェクトのアルバム。

ジャンルをまたぎ曲を作り続けてきたアーティストなので、中に入っている音もまた、色々なジャンルの良い所を取り込み、咀嚼し、そしてアウトプットされたもの。

実験的な音ではあるけど、実験的な作品にありがちな尖った感がなく、一つのスタイルとして、一つの音楽として完成されている感じがします。

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品