【ティラキタ駱駝通信7月5日号】インドのコットンカフェカーテンが入荷!

2012年7月5日     No Comments    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝通信 2012年7月5日号


こんにちは!
インドパパこと、ティラキタの梅原です。
お元気ですか?

今、インドはモンスーンの真っ最中。インド全域で雨が降り、ヒマラヤにほど近いアッサム州では洪水が起こっていると聞きます。
インドパパはモンスーンの時にインドに滞在したことはありませんが、滞在したことのある人に聞くと、


今日のムンバイ。雨が降っています

「じめっとしてすべてのものが濡れている感じ」
「洗濯物が全く乾かない」
「壁がカビてくる」
「街中が洪水になって、腰の高さまで水が迫ってきた」
「…一言で言うと、早く逃げたくなるのよ」

と、評判は散々です。やっぱりインド旅行は10月から3月までがいいようですよ。

さて、今週の駱駝通信は…

・【7月21日まで】ありがとう 11周年! 特大サマーセーール! 第一弾!
・究極の地獄寺 – ワット・プート・ウドン

もちろん、新商品も色々入荷していますよ!!
ごゆっくりお楽しみ下さい。



【7月21日まで】ありがとう11周年! 謝恩大サマーセール!

11年間続けられたのもお客様のご支援があったからこそ。その感謝を込めて11周年謝恩サマーセールを行なっています。衣類はもちろん、お香や雑貨など、色々なものがセール中です!


究極の地獄寺 – ワット・プート・ウドン

ティラキタのブログで大人気のタイの地獄寺シリーズ。今回はバンコク郊外にあるワット・プート・ウドンに行って来ました!

ワット・プート・ウドンはバンコクの北に位置するパトゥムターニー県ラムルーカー市にある超絶地獄寺。タイの地獄寺の中でも一2を争う規模とクオリティと聞き、インドパパ一家、早速行って来ました!!

いつも地獄寺に行くときに困るのが地獄寺までの行き方です。そもそも地獄寺は観光地ではありませんし、地元の人しか知りません。またタイ語の発音は凄く難しいので名前を知っていたとしても、その通りに喋っても全く通じません。目的地の町の名前「ラムルーカー」とタクシーの人に言っても全く通じません。

何台もタクシーを停め、何回も言いますが、やっぱり通じません。タイは良い国ですが、こんな時本当に困ります。困り果てた僕たち、ホテルのエントランスの人に「Pathum Thani, Lam Luk Ka, Wat Phut Udom」というのをタイ語で書いてもらい、タクシーに見せることに。

無事タクシーを捕まえ、バンコクの北に走ること2時間。大都会のバンコクを抜け、小さな町を抜け、だんだんと田舎の風景になって来ます。美しい田園風景が広がります。だいぶ田舎に来たなぁ…と思っていたらようやくワット・プート・ウドンに到着。料金は日本円で1000円から2000円くらいでした。

これがワット・プート・ウドン全景。流石は地獄寺界にその名を轟かす名刹です。お寺の廻りに不思議なオブジェが「これでもか!!! どうだ! 参ったか!」と言わんばかりにひしめいています。蛇のナーガもいるし、お坊さんもいるし、聖なる鳥もいるし…正面でこんな感じなのですから、中はどんな風景なのでしょう? がぜん期待が高まります。

このお寺の人たち、コンクリ像だけでなく、なんでも自分たちで手作りするのが好きなようです。
自作の自動車が転がっていました。自動車って、手作りできるものだったんですねぇ。

さっきのが小型車だとしたら、こっちの手作り自動車は軽トラでしょうか?
シートは木製、エンジンもよく見ると木に台座で支えられています。
自動車を自分で作ることのできる自由っていいですね。さすが自由王国タイランド!!

お寺の中に入って行くと、蛇が巻き付いたオブジェを発見!!
中で何かが廻っています

坊さんが電気の力でくるくると廻っていました。
なんじゃこりゃ??!!

よく見ると、托鉢ボウルを持っています。お賽銭を入れて欲しいのでしょう。
賽銭回収機能付き坊さん自動回転機です。
きっと世界に一つしかありません。

お寺の中には色々なオブジェがこれでもか!!とありました。

変なトリさん 痩せすぎな人。指や体が超長いです。もっと栄養のあるものを食べたほうがいいよね!!

牛に乗った南インド風の人。顔が丸くて可愛いです 賽銭をいれると手がキコキコ動きます。こわーーい!

さらにテクテク歩いて行くと、変なカニと、ベトナム戦争時代に使われたと思われるヘリコプターの残骸。
変なカニの上には神様と思われるオブジェが乗り、カニとヘリコプターの間には神様たちが宴会を開いていました。
世界でここだけしかない絶対的な異空間が展開されています。

他にも境内には不思議なオブジェ満載! 

結構うまく作られているナーガ この神様たちは一体何をしているのでしょう?

ネズミに乗っている神様 丘に上がった人魚。ちょっと色っぽいかも…

もっと歩いて行くと、タイの地獄寺にしばしばある地獄の地下迷宮がありました!
地獄へのエントランス。大きな口が開いています。
「中に入ったらこうだ!」と言わんばかりに4人の黒い人達が幸せそうな家族を捕まえています。
左の人は地獄の番人でしょうか?

中に入ってみると…そこは地獄のカーニバル
この世のものと思われぬ異形のコンクリ像たちが待ち受けていました!!

これは何の地獄でしょうか? 禍々しい赤いライティング、地元の檀家さんたちが作ったと思われる手作り感満載の人形がさらに怖さを増しています。

これもまた別の地獄のようです。すごい世界です。

女性が責め苦を負わされている所です。見るからに痛そうです。

そういえばここの地獄、5バーツをいれると色々動いてくれます。首を切っている丸鋸が回転したり、骸骨が自転車を漕いだり、手に持っている斧を振り下ろしたりと迫力満点! 
タイの地獄寺の多くはお金がないのか、メンテナンスが行き届いていず、その多くは壊れているのですが、ここは結構しっかりどれも良く動きます。インドパパ一家、途中で5バーツ硬貨が足りなくなって、入口に両替しに行ってしまいました。

変なサラリーマンと鬼の部屋。表情のないサラリーマンが微妙に怖いです。

そして…でました!! このお寺一番の見所、マカリーポンの木です。

マカリーポンとはタイに伝わる半人半植物の妖精で、木からもいだ果実…女を男たちは妻にするが、七日の内に男は気を失い、マカリーポンは萎んで死ぬ。死ぬ間際に「ワクワク」という声を上げるというのだそう。インドラが、信者たちが煩悩を捨てることができるか試すためにマカリーポンを創ったのだという伝説が残っています。

コインをいれるとカクカクと自転車を漕ぐ骸骨と、裸の女性の果実の対比が素晴らしく、現代芸術にも通じるアバンギャルドさがあります。悩ましい姿のマカリーポンですが、これを見て煩悩を捨てられる人がいるのでしょうか? ボクはむしろ煩悩だらけになってしまうような気がしますが…

しかし、女性の果実。ほんとうによく出来ています。
ねえねえ、檀家の人たち、喜んでこれを作ったでしょ! 作るの楽しかったでしょ。
だって、ここだけ明らかにクオリティが違うもん!

1.インドのコットンカフェカーテンが入荷!

インドからやってきたカフェカーテンです。ちょっとした目線隠しから、家具の本棚などに付けたりと使い勝手がとても良いです!
また、柄や配色がとても素敵なので、一つあるだけでお部屋の雰囲気を変えてくれます。風に合わせてゆっくりと揺れる姿には癒されますよ。今回は、とってもお買得な980円にさせて頂きました。ちょっとした間仕切りなどにどうぞ。

2.エスニック コットンワイドパンツが入荷!

鮮やかな布地にたっぷりの刺繍が目を引くラジャスタン州のトライバルミニスカート。日本にはないデザインと、色の組み合わせが美しいです。少数民族の女性 が一つ一つ丁寧に手刺繍にて作りました。細身のデニムに合わせたり、レギンスを合わせたり、1年を通じてお楽しみいただけますね。 一枚一枚違うデザインですので世界で1枚だけの贅沢なスカートは可愛くて目立つこと間違いなしです!

3.安心ポッケ付きコットンネパールパンツが入荷しました!

インドやネパールで旅人に人気のコットンパンツが入荷しました! このパンツの特徴は、お腹の裏表にポケットが2つ付き、パスポートや高額紙幣など大切な モノを入れておくことが出来るところ。大切なモノは守りたいけど、身軽で気持ちよくいたいと言う旅人のニーズを取り入れた一枚です。

鮮やかな色合いが美しいネパールの刺繍をほどこしたコットンパンツ。コットン素材なので着心地抜群ですし、普段のTシャツやタンクトップに合わせるだけで、エスニックな装いになりますね!

4.インドの銀色アンクレットが入荷しました!

 

インドの女性が足元のおしゃれとして使用しているアンクレットです。日本のアンクレットみたいにつるっとしていませんが、インドの手作りアクセサリーなら ではの風合いがあります。素材はホワイトメタルと呼ばれるシルバーに似た金属が使われています。

5.シンプル コットンパンツが入荷しました!

裾部分にレースでアクセントがあり、女性らしい優しい雰囲気のパンツです。ストンとしたシンプルなデザインなので、どんなトップスとも相性が良く着こなしていただけますね。くるぶし丈なので、夏も快適に過ごせますし、サンダルとの相性もバッチリです。

6.ロクタ紙ランプシェード(床置きタイプ)が入荷しました!

裾部分にレースでアクセントがあり、女性らしい優しい雰囲気のパンツです。ストンとしたシンプルなデザインなので、どんなトップスとも相性が良く着こなしていただけますね。くるぶし丈なので、夏も快適に過ごせますし、サンダルとの相性もバッチリです。

7.ペイズリーのバングルが入荷!

インド古来から伝わる伝統的なデザイン、ペイズリー模様。ペイズリー模様はインドの布製品やショール、スカーフなどにも数多く使われているインドを代表するデザインです。

このバングルはそのペイズリー模様をバングルの両端にあしらったお洒落な一品。インド人が手に施すメヘンディの様なアーティスティックな良さがあるバングルです。

伝統的なデザインを時代に応じてリフレッシュ。シルバーのシックな雰囲気の中にシンプル過ぎない良さがある、インドの風が漂う一品です

8.ホワイトメタルのピアスがやってきました!

シルバーに似ているけれどもシルバーじゃないホワイトメタルと呼ばれる金属で作られたインド風のエスニックピアスです。日本にはないインド独自のデザイン が素敵。インド伝統のムーンシェイプ、釣鐘型など、デザインは色々です。リーズナブルなお値段なので、複数購入してもいいですね。

大き目のピアスが欲しい方、エスニックなファッションが好きな方にお勧めです。普段使いから、パーティーの時まで色々なシチュエーションで活躍してくれるピアスです。

9.花柄2WAYスカートが入荷しました!

細身のパンツやレギンスに合わせて、トップスとして着ていただいても、もちろんスカートのように着ていただいてもOKな2wayスカートです!その日の気分でどちらでもお楽しみ頂けます

10.シンプルエスニックなレザーリストバンドが入荷しました!

インドからやってきた、革のいい香りがする本格レザーブレスレットです。深みのある色とナチュラルな風合いが素敵な一品で、ジーンズなどの普段着からエスニックまで相性が良さそうです!
革製品なので柔らかくて着け心地が良い上、1つあると色々な着け方を楽しむことができる、お得な一品です。

11.インド風5連シルバーバングルが入荷!

インド古来から伝わる伝統的なデザインのメタルバングルが5連になったマルチバングルです。一本だけのザインのものはインドパパが初めてインドに行った18年前からありましたが、この5連のデザインを見たのは今回が初めて。

伝統的なデザインを時代に応じてリフレッシュしたのでしょうね。シルバーの色とインド風なデザインに、鈴のような金属の玉が付き、つけているとシャラシャラと軽い音がします。

エスニックなファッションにピッタリとマッチします。

12.パッチワーク ハーフ&ショートパンツが入荷!

肌ざわりの良いのコットンパンツがインドから届きました。合わせるものによって、ガーリーにもボーイッシュにも着こなしいただけます。 腰回りがフィットしたデザインなので、スッキリ見えますね。思わず海や山に行きたくなるようなデザインがステキ!BBQやフェスでもいいですね。持っていて便利なアイテム間違いなしです!

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品