【ティラキタ駱駝通信1月20日号】ネパールで映画の撮影現場に出会いました

2012年1月19日     No Comments    Posted under: 駱駝通信バックナンバー



ティラキタ駱駝通信 2012年1月20日号


こんにちは!
インドパパことティラキタの梅原です
お元気ですか?


常夏の国インドネシアから変な雑貨が届きました!今、ティラキタはオモシロ雑貨祭りです!

今、ティラキタは新商品の到着ラッシュを迎えています。つい先日、9月に買い付け行ったインドネシアから、コンテナが到着しました。コンテナの中にはちょっと変で、面白い雑貨がいっぱい!! 今週のラクダ通信はオモシロ雑貨特集になっています。

また12月に買い付けに行った時の商品も20日前にインドから発送されました。とは言っても遠い遠いインドのこと。日本に到着するまでには、あと1ヶ月以上かかります。インドからの船便って本当に時間がかかります。

一度、なんでそんなに時間がかかるんだろう?と思って船会社に聞いたことがありました。

インドからの荷物は時間がかかるんですよ」とのお答え。

まず、デリーを出て、ムンバイまで陸送されます。それが大体10日くらい。
シンガポール行きの船を待つのが5日くらい。
ムンバイからシンガポールまで船で運搬されます。それが10日くらい。
シンガポールで日本行きの船に乗り換えます。それが3日くらい。
最後に、シンガポールから日本に来るのが10日くらい。


人であふれるムンバイ。この街を経由してインドからの荷物はやってきます。

「合計で40日位は普通にかかるんですよ。」とのお答え。
言われてみれば、確かにそのとおりなんですが…インドは遠い!!!
飛行機であれば8時間ですぐ到着しますが、船便で40日かかるというと、凄く遠さが実感できますね。

インドパパの廻りでは、この時期にインドに行く人が急増中です。いつも暑いインドですが、日本が冬の間はインドも冬。だから10月から3月までの間は、僕達日本人にとっても居心地の良い季節です。「そのうちインドに行こうかな…」と思っている方、今がいい季節ですよ!!

さて今週のメルマガは
 ・ネパールで映画の撮影現場に出会いました
 ・ティラキタで買ってアジアへ行こう! タイ・バリ旅行プレゼント!
 ・グローバル化された社会とティラキタ
です。



ネパールで映画の撮影現場に出会いました

ネパール人は映画が大好きです。街中には映画俳優のポスターがあふれていますし、娯楽産業の中で映画が大きな位置を占めています。ですが、ヒマラヤの小国ネパールのこと。自分たちで面白い映画を作る力はあまりありません。もっぱらインドから輸入されているボリウッド映画を見て、楽しんでいます。

ボリウッドにもマニシャー・コイララと言うネパール人の女優さんが居ますし、インド映画を見ることはネパール人の彼らにとって全く違和感のないことなのでしょう。

でも、やっぱり、大都市のムンバイで作られるボリウド映画のテイストはヒマラヤの小国に住む彼らの口には微妙に合わないと思うのです。「この映画は僕達のことを判っていない」そう思うのか、ネパールで製作された映画もそれなりの数はあるみたいです。

ネパール映画、どんなものかなぁ…と思っていたら、先日、ネパールで映画の撮影現場に出会いました!!
場所はネパールの首都、カトマンズのダルバールスクエアの裏手。大きな人だかりがするので興味を持って近づいてみたら…映画の撮影!!

シーンはインドやネパール映画のハイライトとも言えるダンスシーンで、男女2人が音楽に合わせ、何回も同じ動作を繰り返していました。使っている機材はだいぶしょぼいけど、きちんとした映画の撮影です。照明も一応使っています。監督やスタッフが真面目そうに働いていましたよ!!



ティラキタで買ってアジアへ行こう! タイ・バリ旅行プレゼント!

ただいま、ティラキタでは1月31日までティラキタで買ってアジアへ行こう! タイ・バリ旅行プレゼント!を行なっております。タダでアジア旅行にいけてしまう、太っ腹企画!!
3000円毎に抽選券が一枚ついてきます!買えば買うほど旅行にいける確率がUP!しますよーー

グローバル化された社会とティラキタ

つい先日、インドで新聞を読んでいた所、ムンバイの子供たちを救え!と言う記事がありました。できるだけインドのことを理解したいインドパパ、どれどれと思って詳しく読んでみました。

ムンバイの子供たちが危機に瀕している。一日のうち3時間はTVやゲームをやり、学校に持っていくカバンの重さは子供であれば5Kg位が望ましいのに8Kgだ。重いカバンを背負って毎日電車やバスに乗って通学している。勉強ばかりで自由な時間が少なく、ムンバイは公園が少ないのもあって、外で遊ぶ時間はほんとうに短い…等々。

え? コレどこの話? 日本の話じゃないの?と思ったインドパパ。
自分の英語が間違っているのかと思ってもう一度読みなおしてみます。
でも、特に間違っているわけではありません。

「この話、本当かな?」と思って友達のインド人に聞いてみました。

「ねえ、今朝のタイムズ・オブ・インディアにこんな子供の話が載っていたんだけど…」
「今、ムンバイではそれが普通よ。いい学校に入るための準備に忙しいわ。」
「これ、日本の話かと思ったよ。」
「最近、みんなのライフスタイルが変わってきているのよ。 日本でもそうなの?」
「日本では昔からだけど。うちの子供達も勉強、勉強で大変なんだ」

記事を読んだ後、よく考えてみます。今まで旅してきた風景を思い出してみます。バンコクの子供と、ムンバイの子供と、デリーの子供と、東京の子供と…よく考えれば大きな違いはありません。ゲームに電車に、バス通学。住む所はマンションです。都市での生活はみんな一緒です。


ヒマラヤの麓に住む子供たちとティラキタ買い付け班。子供たちの目が純粋で可愛かった!!

むしろインドやネパール、タイは国の中に大きな違いがあります。

インドパパ、こないだヒマラヤの麓にあるダラムサラに行って来ましたが、ヒマラヤの奥に住んでいる子供は外人が来たというだけで大騒ぎ。手作りの石の家に住んでいて、遊ぶのはもっぱら外でした。インドの中部の農村地帯では人々は手作りの土の家に住み、地べたに座りながら生活していました。

ムンバイの子供たちはマンション住まいです。でも、田舎の子供たちは自然の中で生活しています。ヒマラヤの奥に住んでいる子供と、ムンバイに住んでいる子供は、きっと東京とムンバイよりも大きな違いがあることでしょう。

「グローバル化された社会なんてつまらない!! どこに行っても世界が一緒なんてつまらない!

すごく強くインドパパは思います。実はインドパパがインドにこだわる理由の一つがそれです。インドパパ、一年くらい南米を旅行していたのですが…南米はどこに行っても同じでした。高速道路があって、スーパーがある僕達の見慣れた社会でした。

インドやネパールだけがグローバル化されていない、されていたとしても揺らぐことのない強固な独自の文化を持っていました。音楽や食事、人々の考え方等々…インドとネパールは僕達の知っている社会とあまりにも違いました。

ティラキタをはじめて10年経って。経済成長の波の中でインドでも徐々に日本と変わらない部分が出てきました。特に都市圏では子供たちが同じ生活をし始めています。でもそんな中でも、やっぱりインドとネパールは違います。一見生活が一緒に見えても、中に入ってみると、彼らは手でカレーを食べて、お尻を水と手で洗って、古くからの習慣に即した生活をしています。

世界が均質化していく中で「違う文化がある。違う考え方がある。」ということを伝えたい。それがティラキタの基本的な願いです。僕達日本人は島国という事もあって、どうしても同じ考え方になりがちです。「みんなが同じ考え方なのはあまり居心地よくないよね?」ということを伝えたい、そう強く思っています。

ティラキタでは、これからも出来るだけ色々なものや考え方を紹介し、このメルマガやブログ、そして当店のイベントDANCE OF SHIVA等を通し、多様な物の見方を伝えていきたいと思っています。

1.なんだこれ? 変なササラが入荷しました!


 日本古来の民族楽器に、「ささら」というものがあります。何枚もの木板を重ね、紐でまとめただけの簡単な民俗楽器です。

そのササラがインドネシアに行ったら超変な楽器に変身しちゃいました!! 何とも不思議、何とも面白いササラです。これを両手に持ってクネクネやっていると段々と変な気分になってきますヨ!

コレを見たティラキタスタッフの感想は…

「ヤダーー ナニコレー」
「気持ち悪いけど欲しい!!!」
「クネクネするーー エロい!!」

ティラキタ店内で大好評。
そんな時、たまたまやってきたインドパパの友達も「コレ欲しい!」といきなり購入!!
どうやら大人気な模様です。

音楽だけでなく、シェイプでもなんだか愉快な素敵な一品です。

2.変でキュート!なキャンドルスタンドが入荷しました!


 

ノスタルジックな象のキャンドルスタンド。独特のデザイン、レトロな色合い、どこか憎めない顔、どれをとっても見る人のハートをわしづかみ!!あなたの部屋に置くだけで独特の雰囲気を醸し出すこと間違いなし。
蓋を開けてティーキャンドルを入れれば、夜もまた違ったノスタルジックの世界に早変わり。

天井から吊るための金具が付いています。アウトドアのお供やあなたのお部屋にもひとついかがでしょうか?

3.ネット付きアジアン籠が入荷!

ネット付きのアジアンな雰囲気たっぷりの籠がバリから届きました。バリらしい籠製品とビビットなネットの色合いがより一層アジアンな雰囲気を引き立てています。食卓やキッチンで、果物などを入れておくのにぴったりですね。
ネットが付いていますので、ほこりよけに最適! アジア物だけに、ネットがぴったりと閉まる訳ではありませんが、大体覆ってくれますので訳には立つと思います。

果物などを置くのはもちろん、お菓子を置いてもいいですし、スカーフなどの小物を入れて置いても可愛いかもしれません。使い方はあなた次第!お部屋のインテリアにいかがですか?

4.シナモンが香る不思議皿が入荷!

バリからやってきたシナモン香る飾り皿です。なんと、内側の丸い断面はシナモンそのものの断面、外側はシナモンの皮の側面なのです。ですので、鼻を近づけてみるとほんのりシナモンの香りがします。

4.親指ピアノ、カリンバが入荷!

素朴で優しい音色が涼しげな、ココナッツ製のカリンバです。カリンバはもともとアフリカ原産の民族楽器ですが、その癒し系の音、簡単な作り、簡単な演奏法とともに人気が出て、今では多くの東南アジア諸国で作られるようになりました

おやゆびでぽろんぽろんと奏でるだけでも凄く楽しいですし、さらにきちんとチューニングすると、本当にいい音を奏でることが出来ます

5.飾りつき 手作りアルミキャンドルスタンドが入荷しました!

インドネシアからやってきた可愛いキャンドルスタンドです。アルミ製でデザインがとても美しいです。裏底に穴があいていますので、そこからティーキャンドルを入れていただくと、温かい光がもれて幻想的な雰囲気になります。つる下げることも可能ですので、お部屋のインテリアとして、飾っても素敵ですね!

--------------------------------------------------------------
 有限会社 ティラキタ mailto:nandemo_okotae@tirakita.com
 ティラキタ-アジア雑貨、インド映画DVD- http://www.tirakita.com/ (PC)
 http://www.tirakita.com/i (携帯)
 メルマガのあて先変更、解除はこちらからできます。 http://www.tirakita.com/melmaga.shtml
--------------------------------------------------------------- 


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

TIRAKITA LINE@


TIRAKITAのLINE@アカウントができました!

新規記事が追加したときにお知らせいたします。画像のQRコードから飛ぶか、@tirakita を検索して友達追加してください!

今日のセールをピックアップ


今、人気の記事


全期間で人気の記事


今日の新入荷商品