ティラキタ買い付け班推薦! 美味しいインドスナックはこれだ! 

2017年6月1日     4 Comments    Posted under: インドが大好き!!, 買い付けに行ってきました

インドの文化をしっかりと知らない僕らにとって、なかなかハードルが高いのがインドのスイーツです。

スイーツ屋さんに行ってみると「全部同じ味がする」「過剰なまでに甘すぎる」と言う罠が待ち構えていて、なかなか当たりのスナックにたどり着けません。

今回はインド歴20年のティラキタ買い付け班が、インドスナックの傾向と対策をざっと見ていきつつ、一番日本人の口に合うインドスナックを紹介したいと思います。

■不思議な色のケーキ屋さん

インドスイーツを攻略しようとする時、僕ら日本人が思い立って行くのはケーキ屋さんではないでしょうか。見たこともない形をしているインドスナックよりも親しみやすいですし、ケーキだったらコーヒーにも合います。

しかし、そこはインド。
ケーキ屋さんにも罠が待ち構えています。

この写真たちはムンバイのケーキ屋さんですが、インドのケーキ屋さんには、日本では見たこともないドギツイ原色のケーキが並んでいました。ケーキ自体は凄い頑張って、綺麗に制作されているのですが、見た目がケーキではありません。なんか宇宙船みたいに見えてきます。

下の写真のケーキはインド辺境の地、グジャラート州Bhujのケーキ屋さんです。色合いはさておいても、まずまず洗練されていたムンバイのケーキ屋さんに比べると、一層、インドローカル感が強めです。

ケーキに毛が生えてるのが斬新過ぎます

オレンジに緑に青。既に食べ物の色ではありません。

青に紫。食欲がわかない色をわざとセレクトしたかのようです。

■どれも同じ味がするスイーツ屋さん

ケーキ屋さんはちょっと私達日本人にとってハードルが高めのようですので、今度はローカルのインドスイーツを探してみたいと思います。

こちらはムンバイのスイーツの名店Mohanlal S Mithaiwalaの店頭です。

中に入ってみると色々なスイーツが並んでいますが…

なんと、名前が違うだけでほとんど同じ見た目をしています。そして実際に食べてみると、ほとんど同じ味なのです! このほとんど同じ味と言う話は、だいぶ前に甘さの波動砲と言う記事にさせて頂いたことがありますが、何回も繰り返したいぐらいの重要ポイントです。

■無駄に甘いスナック達

あまりに同じ見た目、そして同じ味なのでスイーツ屋さんは諦めて、今度はストリートスナックを試しに行ってみます。

こちらはインド版のかりんとう、もしくは揚げドーナッツ的な黒ジェレビー。黒くてテカテカしてて、ちょっと微妙な外観です。食べてみると…後頭部が痛くなるほど甘い!!! もう、信じられないくらい甘い!!

こちらはラスグッラ。茶色いボールですが、これもまた、頭がジーンとなる位の甘さです。

■味の3重奏が10秒のうちに楽しめる絶妙な味のパニプリ

この様に、インドスナックのハードルは果てしなく高く、正直、なかなか、これは美味しい!と言うスナックは見つかりません。

その中でも色々なスイーツを食べていった結果…この2つは日本人でもいける!と言うものを発見しました。

一つはパニプリです。パニプリ売りはこんな姿をしていて、街中でも食べることができますが、下痢をするので街中の屋台では食べてはいけません。

こちらは砂漠の町ジョードプルにあった大人気のパニプリ店。インド人には大人気ですが…やはり下痢をするのでここでも食べてはいけません。

パニプリとはこの様な丸いポテトチップス(風の)ボールの中に

チャツネと

コリアンダーウォーターと

スパイスが多少入ったマッシュドポテトを入れて食べる食べ物です。

ちなみに、下痢をする理由はコリアンダーウォーターにあります。コリアンダーウォーターがミネラルウォーターで作られてないと、インドの水を飲むことができない僕ら日本人は下痢してしまいます。

ですので、パニプリを食べる時は、清潔な水を使っていることが確認できるレストランか、ちょっと大きなHARDIRAMの様なチェーン店で食べて下さいね。

このパニプリ、口に含むと、まず、丸いボールのクリスピーさがやって来て、その直後にコリアンダーウォーターがドドド!と口腔の中に流れ出し、その後に、チャツネの甘酸っぱさとポテトフィリングがやってきます。

パニプリとは、クリスピー→コリアンダー水→甘み→フィリングと言う、違った味の4重奏が5-10秒のうちに楽しめると言う、世界でもなかなかない、レベルの高いスナックなのです。

ティラキタ買い付け班、最高に一押しのスナックですので、安全なお店で売っているのを見つけたら、ぜひ食べてみて下さい!!

■ラジ・カチョリもオススメ!

最高にオススメなのはパニプリですが、ラジ・カチョリもオススメです。ラジ・カチョリとはこのような見た目のスナックで、先程のパニプリの丸いボールを大きくしたものの中に、ヨーグルト、コリアンダーチャツネ、ポテトのフィリングなどを入れたもの。

パニプリを大きくして、ヨーグルトを追加したものですが、ヨーグルトの酸味、コリアンダーチャツネの味、インドスナックのクリスピーさなどが渾然一体となります。

■美味しいインドスナックを教えてほしい

ティラキタ買い付け班、このようなブログを書いていますが、まだまだインドスナックの入り口に立ったばかりだと思っています。

実際、見たことはあるけど、食べたことがないインドスナックが多いんですよ。インド好きな方、在住者の方。美味しいインドスナックがあったらぜひ教えて下さいませ!!


■気に入ったらシェアしよう!

4 Comments + Add Comment

  • いつも楽しい動画ありがとうございます!
    目の前にパーっとインドの風景が広がり、その場にいるようです。

  • 記事楽しく拝見しました。インドは詳しく知らないのですが、個人的にはネパールのお菓子が甘いのは
    ①朝ご飯が遅いから(6時に起きてお茶やスイーツを食べて10時ごろ朝食、朝何か食べないとおなかがすく)
    ②甘いものが限られているから(少なくともネパールの農村では甘いものはめったに食べられないもの)
    の2つの理由があるんじゃないかと思います。
    インドはまた違うのかもわかりませんが。

    赤羽のベティクロムフーズというバングラデシュ人店主の老舗の食材店でバングラデシュのスイーツがいろいろ購入できます。ジレビなど揚げてて甘いシロップに漬かっているタイプのもありますが、pedaのようなミルクを煮詰めたタイプのお菓子もあります。Shondesh というお菓子がカッテージチーズを固めたような感じでさわやかでお世辞なしにおいしかったです。インドにもありそうな。わかりませんが。
    http://baticrom.com/index.php?route=product/product&path=20_55&product_id=1578

  • いつも楽しく そして有益な情報をありがとうございます。
    インドの人は本当にパニプリが 好きですよね。どこに行っても必ずありますね。
    夏はクルフィという棒付きアイス。他のアイスにとくらべると意外に甘すぎず美味しいと思います。
    黄色いアイスでおそらくターメリックの色かもしれませんが、素朴な味です。
    色々な種類があるようですが私は定番のがいいかな。
    冬は焼き芋も 面白いです。日本の焼き芋より甘くないのですが、皮をむいて食べやすい大きさにカットして紙のお皿にのせてくれます。お好みでマサラとレモンをかけて食べるのですが結構いけます。

  • いつも楽しく そして有益な情報をありがとうございます。
    デリー在住です。インド人は本当にパニプリが好きですね。どこに行ってもあります。
    うちの近所ではゴルガッペと言ってます。(パンジャブの方言かも)
    夏はクルフィという黄色い棒付きアイスが美味しいです。
    棒が太くてアイスがあまりついてないのが惜しい。。。
    しかしインドは暑いので溶けないうちには食べられます。
    お店によって味も違い最近は種類も増えたようです。
    何で出来ているのか今度取材して下さい。
    おねがいします。

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


今日の新入荷商品