ネパール大地震レポート – やってくるモンスーンに備えて

2015年6月5日     1 Comment     Posted under: インドが大好き!!

■やってくるモンスーンに備えて

多くの建築物と数ある世界遺産を崩壊させていった4月25日のネパール大地震から一ヶ月が経ちました。日本の新聞やTVでは既にこの地震関連のニュースは見かけなくなってきていますが、現地ではこれからやっとこ復旧にかかろうかというところです。

6月1日にインドの西の端、グジャラート州でモンスーンの雨が降り始めたという連絡がやって来ました。インド亜大陸を覆うモンスーンはこれから徐々に東に進み、一ヶ月もしないうちにネパールを覆います。2ヶ月間くらい続く長雨の季節がやってきます。

地震で住む家を失った人たちは雨が降ったらどうするのでしょう?

つい先日までネパールの人々は「余震が来ると建物が崩壊して危ないので家の中には入らないで」と頻繁にラジオで流され、キャンプのような生活をしていたそうですが、雨が来るとなったら、やっぱりどうしたって家の中に入る事になります。

だから、今、ネパールの人たちがやっている事は「これから来る雨期のモンスーンをどうするか」なのです

友人のラムさんの実家がランタン谷の方にあるのですが、そのラムさんち実家の崩壊から、とりあえず雨が凌げる部屋ができるまでを写真でレポートします。

■地震で完全に崩壊した実家

地震で完全に崩壊してしまったラムさんちの実家です。緑の部分には鉄筋が入っているのですが、やはりレンガ造り、地震には脆かったようです。

実家の中に入ったラムさん。呆然とし、疲れきった様子…。

使える木材をチェックしているところでしょうか。

同じ村の崩壊した家屋の写真です。もう、ぐちゃぐちゃ。

家の半分が崩れ落ちています。素焼きのレンガ、土、木とトタンだけで出来ていることがよく判ります。

同じように崩れ落ちた家屋。

夕方になっても見て回ります。

多くの家々が同じ状況になっています。

■まずは住める家を

すぐにモンスーンがやってくるので、家の再建を始めました。日本だったら地震があったとしても家は工務店に頼み、自分たちの手で再建することはないと思いますが、ここネパールの山の中ではなんでも自分たちの手でやらなければいけません。

まず穴を掘って…子供も手伝います

穴の深さを確認します

穴が出来ました。

掘った穴に木材を立てます。木材の上には青竹を組み、屋根とします。地面に直接木が立っているとそこから虫が入ってきて、食われてしまいますが、多分、それを考えてどうにかする余裕は今はないのだと思います。

だんだん出来てきました。震災で材料がなかなか手に入らない中、ある材料だけで作っていきます。

屋根の上に登って、針金で止めていきます

青竹の上に、トタンを葺いています。

屋根が無事に出来ました

そして、なんとか家の形が出来ました。自分たちの手だけで家まで再建しちゃうネパールの人たち、凄いなぁ…と思います。

近くに寄ってみました。

中に入ってみました

きっと、ある材料を持ち寄って作ったのでしょう。色々な所がつぎはぎです。地面を整地する為のコンクリートもないので地面は土のまま。隙間も開いていて、風が吹いたら寒そうです。でも、とりあえずこれでモンスーンは越せそうです。

■気に入ったらシェアしよう!

1 Comment + Add Comment

  • 広島?長崎?阪神・淡路?・・・・福島?広島市安佐南?ネパール・・・・→未来は?? 
      世界中どこでも、誰にでも  諸行無常の響き有り  です。合掌 

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


今日の新入荷商品