タージマハルが泣いた! インドの石彫職人が凄くヒドい!

2014年11月20日     No Comments    Posted under: 未分類

いつもこのメルマガを読んで下さる人はわかると思うのですが、インドと仕事していると色々なことがあります。いろいろな商品がやってきます。

今までも…

・商品を入荷している時に起こった信じられない事
・またかよ! インドから困った商品がやってきた!
・燃えるやかんと、水の漏れるやかん…インドから来る困った商品

など、いろいろな話がありましたが、今回もまた僕らの想像のナナメ上を突き抜ける素敵な商品がやって来ました

一番最初に説明しておきたいなって思うんですけど、インドの石彫職人って結構凄いんです。そんなのタージマハルを見りゃわかりますよね。インドには太古の昔から石を材料として神様の彫刻を作ったり、建築物を作ったりしてきた長い歴史があるのです。

知ってると思いますけど、見てください。このタージマハルの美しさ。白亜の大理石で大変美しく作られています。イッツ・ビューティホー。流石です。

これはコルカタのビルラマンディールの土台の部分ですが、大変美しく作られています。ゾウの装飾の一つ一つまで繊細に彫られているのは見事ですよね。

バラナシの様に目に見える建築物が全部石製って言う場所もあります。

この様にインド人は石を使いこなし、古来から大きな建築物から小さな神様まで作ってきました。日本人が木を使いこなすように、インド人は石を使いこなす民族なんです。

とは言うものの…やっぱりインド。彼らが得意なはずの石製品ですら問題が発生します。

今回の問題はタージマハルで有名なアグラからやって来ました。今回僕らがインド人に頼んだのはこちらの商品です。これは黒大理石製のお香たて。石を彫ってガネーシャやブッダ、スーリャ(太陽)やチャンドラ(月)等の模様が描いてあるものです。

問題は星を描いたお香たてでした。このお香立て、見てわかると思うのですが、何だがちょっと歪んでいます。インド製ということを考えるとギリギリラインですが、ちょっとこれは欲しくないよな…って思う出来です。

ほかのを見てみると…同じように歪んでいました。なんだか下書きが見えますけど、下書きもやっぱり歪んでいます。

下書きがちょっと濃いのもありました。うーーん…インド人様、これ、申し訳ないんですが日本では売れません

これは…何なのでしょう。下書きとかそういうレベルではありません…グチャグチャでやる気が1ミリも感じられません。 これはヒドすぎる!! あまりにもヒドすぎる!

他にも箱を開けてみると…出てくるわ出てくるわ。歪んだモノ、下書きレベルのモノ、そもそも、星にすらなっていないものもあります。

インド人様………

トホホホ……
勘弁して……

許して…

あまりのヒドさに怒る気力もなくしちゃうってこう言う事なんだと思います。

タージマハル作った祖先たちに失礼だろ!! タージが泣くぞ!ってインド人の先祖になり変わって怒りたい気分です

お金払って買ったのにこんなのが来ちゃう。想像もしてないのがやって来ちゃう。日本だったら全く考えられないことがインドとの取引では普通に起こります。もちろんマトモなのも来るんですけど、こんな変なのも中に混じってきちゃう。

インドってどんだけなんだ??

でもトラブルがあって損する度にインドが好きになってしまいます。
こんな多様性、日本にはないですもんね。ま、インドだから仕方ないか。
そう思いながらインド商品をこれからも紹介し続けていきたいと思います。

あ、もちろんなのですが、ティラキタはインドと日本の橋渡しをしているお店です。日本人の私達の目から見て、日本人が納得できないクオリティと思うものはお送りしませんのでご安心下さい。損するのは僕達だけで十分です!

あ、このお香立て。捨てるのももったいないので2000円以上購入された方に無料でプレゼントさせていただきます。欲しい方はこちらからどうぞーー!!


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

人気の記事