簡単でうまいチャパティの焼き方が判りました!!

2012年2月23日     No Comments    Posted under: 未分類

私達日本人がインド料理を食べるとき、日本にあるインドレストランでは必ずと言っていいほどナンが出てきますよね。ナンはとっても有名ですので、多くの方がインドのパン=ナンだと思い、インド人は主食に必ずナンを食べていると思っていると思います。

でも、実はインド人はあまりナンを食べません。ナンはパンと同じで発酵させなければいけませんし、タンドゥールと呼ばれる縦型のオーブンがなければ焼くことが出来ません。ナンはタンドゥールを持っているレストランのメニューで、一般家庭で作ることは不可能なのです。

だから、一般の家庭ではチャパティと呼ばれるもっと薄いパンを食べています。チャパティはアタと言う小麦粉で作られる、米と並ぶインドの主食。インド人は毎食毎食、このチャパティをカレーにつけて食べています。

このチャパティ。毎日食べられている家庭料理だけあって、アタ粉さえあれば、本当に簡単に作る事が出来ますが、私達が日本で作るものと、インド人が作るものは同じ粉を使っても、一味違います。その違いがどこにあるか、今まで全然分からなかったのですが、やっとこ判ったので紹介します。

チャパティの材料(1人前)

  ・アタ粉 100g
  ・水 75ml

専用のフライパン
– チャパティパン
があるとより良いです

1.チャパティに使う粉を計ります

粉を計ります。一人前がアタ粉100gに水が75ml。水を加えたら耳たぶの柔らかさになるまでこねます。写真に写っているのは当店で扱っているインドの小麦粉アタ。インドパパ、「粉なんてみんな一緒だろ」と思って日本で売っている小麦粉を使って作ってみたことがありますが、味がぜんぜん違いました。 やっぱり、インドのご飯はインドの食材で作るのが一番のようです。

2.生地を伸ばします

生地が出来たら、小さ目のレモン大にちぎり、丸めます。丸めた生地を麺棒で約1mmの厚さになるまで伸ばします。伸ばす時にはアタ粉を台の上に振るい、アタ粉と麺棒や台がくっつかないようにするとやりやすいですよ。


3.焼きます

熱したフライパンに伸ばしたチャパティの生地を入れ、焦げ目が付くまで両面を良く焼いてください。写真は鉄製のチャパティパン。テフロン付きのものを使うとやりやすいですが、味は専用のチャパティパンのほうが美味しく仕上がります。

この、焼いた後がポイントです。写真を見ていただくと判りますが、直火の上に直接チャパティを置いています。直火でチャパティを焼いているんですね。ちょっと焦げ目がついて、プクーと膨れてきたら、裏返しにして同じようにし、完成です。

最後のこの直火焼きの工程をするかしないかでクリスプ感や、フワフワ感がぜんぜん違います! 結構すぐに焦げてしますますので、その加減が腕の見せ所。「えーー、そんな小さな事で」と思われるかもしれませんが、とっても小さな事なので、今までインドパパも見逃していたのですね。

最後に、焼けたらすぐにバターを適量乗せると大変美味しくなりますよ。
ぜひチャレンジしてみてください!!!!


■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています