タイの変なお寺に行ってきました! Part3

2011年6月2日     No Comments    Posted under: インドが大好き!!

ワットプラロイ(WatPhraLoi)/スパンブリ県(Supanburi)

ティラキタのブログの中でもブッチギリのアクセス数を誇る「タイの変なお寺に行ってきました!」シリーズ。見た人から「どうやって行ったらいいんですか?」、「次はタイ旅行に決めました!」との強烈なリアクションが続々とやってきています。

それもそのはず…タイの地獄寺は面白いものを探して世界を歩いたティラキタ店長インドパパが「世界でも最高峰に面白い」との太鼓判を押せる超ディープワールド!!

タイは仏教国で、街のあちこちにお寺があり、多くの人達は大変敬虔な仏教徒というお国柄。タイにあるほとんどのお寺はタイの伝統様式に従って建てられていて、大変美しいのですが、残念ながら特にこれといって面白い訳ではありません。

そりゃそうです。お寺は仏像が置けて、信者が集まれる空間があればいいわけですから…たまに来る僕らのような心の曲がった外人を楽しませる必要は全くありません。

でも、どうしたことか、一部のお寺には地獄ゾーンが併設されています。この地獄ゾーン、子どもの教育のために作られていると言う話なのですが、何でもやり過ぎてしまうタイ人のこと、ついつい作りすぎてしい、とんでもない問答無用の血みどろ、阿鼻叫喚地獄が展開しているのです。

この地獄ゾーン、私たち日本人には面白くて大好評なのですが、当のタイ人に聞いてみると、「ああ、地獄ね。子供のためのものだよ」との醒めた返事。「え? あんなに面白いのに…」と思うのですが、タイ人からみると、そんな感じなのかもしれません。

さて、今回はバンコクの北に位置するスパンブリ県に行ってきました! 「スパンブリって所に地獄寺があるってよ!」との情報をGETしたインドパパ、早速行こうとしましたが、どのように行っていいのかさっぱり分かりません。そもそも、スパンブリなんて地球の歩き方のどこにも書いていません。Googleマップで見るとこのあたりですが…

困り果てたインドパパ、英語の通じづらいタイ人によくよく話を聞いてみると…バンコクの北バスターミナルからバスに乗って2時間とのこと。そんなに遠くありませんでした。それではレッツゴー!

目指すWatPhraLoi(ワットプラロイ)はスパンブリの郊外にありますした。郊外まではバスターミナルからトゥクトゥクで50Bから100Bもあれば行くことが出来ます。あ、でも。ワットプラロイは郊外なので、連れていってもらったトゥクトゥクの帰りの予約もしておいたほうがいいかもしれません。

ワットプラロイにつきました! おや…でも、こじんまりした普通の田舎のお寺です。
お坊さんが寺の前に出て、不思議なタイのダブサウンド付きで説教していました。

地獄はどこでしょう…探しても見当たりません。
あるのは可愛いニモちゃんばかり…おかしいです。

あ、いました!! 明らかに肌の色のすぐれない方が居らっしゃいます。
この方達、タイの精霊ピーだそうです。

アップ! うーーん、怖い!!
もう一人もアップ! ねえねえ、目やにが出すぎだよ!

でも、まだ本格的な地獄はみえてきません…
地獄を探していたらこんな地下洞窟を発見しました!
もちろん入ってみます。でも、ちょっと怖いです。

高温で湿っぽく、なんだかちょっとインディージョーンズになった気分
中に入っていくと、寝釈迦様の像がありました。
入り口はどう見てもダンジョンみたいなのに、多くのお線香が焚かれています
みんな、ここに来てお参りするのしょう。

地下洞窟の壁画です。ありがたい仏画が美しく描かれています。
ああああー、でも、暑すぎ!! 湿気ありすぎ!!
タイ人は大丈夫だと思いますが、僕達日本人にこの湿気と暑さは耐えられません!

逃げるようにして地下洞窟を後にし、テクテク歩いて…やったーー!!
ありました!! 地獄がありました!!
魑魅魍魎どもが、偉そうなお坊さんの説教を聞いています。

でも僕、聞くの嫌だよーーん。ふまじめだよーん。
あ、僕もーー。舌だけじゃなくって、目も飛び出ちゃった!

奥に入っていくと、盛大に地獄のパーティーが開催されていました。
地獄の釜を前に、阿鼻叫喚地獄が展開されています。

舌をハンギングされている女性。 痛そうです!
お腹が3段なのでおばさんでしょうか…って大きなお世話よ!って怒られそう。
下をプスっと刺されている人。
ちょっとちょっと、舌、長すぎですよーー

その横では、舌を抜かれています。タイの地獄はお寺の人達や、周りの檀家さんたちが協力して作っているので、行く地獄ごとに特徴といいますか、独特のテイストを感じます。コンクリ像の造形の出来具合や、地獄の表現方法など、どのお寺も全く違うのです。

WatPhraLoi(ワットプラロイ)のこの地獄は、舌を伸ばしている人がやたら多いのが特徴でした。

地獄の釜の中を覗いてみましょう。後ろ手に縛られたおじさんが今、まさに釜の中に入れられようとしています。
おじさんいいね! これから混浴だね!!

胸をカラスに突っつかれる女性。
豚人間を料理している男性。
ブタはうまいぜェェェェェとでも思っているのかな…

タイ地獄界のお約束、トゲトゲの木を発見!
みんな裸で登っていますが…いやぁ、痛そう!!

舌をハンギングされた両生類人間を発見しました!
俺たち、両生類人間として生まれたからこんな責め苦なのかな…
ニワトリ人間。思わず、楳図かずおのホラー漫画を思い出します。

至る所で惨殺地獄が展開中。ものすごい光景です。

地面に埋められちゃった人。出てこないようにお腹に杭を刺されています。
あ、こんにちは! 腹に顔がある方です。
そう言えばどっかでお会いしましたね…と思ったらタイ地獄界によくいらっしゃる定番の方でした。

もう一個の地獄の釜を見に行ったら…そのまんま東がバンザイしていました!
ちょっと、東さん、こんなところで何やってるんすか。

これは煮え湯地獄。なんか赤いものを無理やり飲まされています。
東さん、それうまいですか?

血まみれの母親と子供。
母親と子供を血まみれにした地獄の鬼のほうが地獄に行かなきゃいけない気がしますが…

地獄を出て、うろうろしていたら、新しい地獄を作っているところに遭遇しました。
どれどれ、地獄はどう作っているのでしょう…

難しそうに見える地獄も実は結構簡単。まず、鉄骨で大雑把な形を作り、そこに鉄の網をかぶせます。
これにコンクリートを塗っていけば完成ってわけですね。日本で僕達も作れそう?

タンブンポイントを発見しました! タンブンとは、施しをするということで、大変いい行いとされています。そもそも、仏教では生きとし生けるもの全てに同じ生命があり、すべての生命は平等に敬われなければいけないと教えています。その考えをベースにした行いで…ここではやたら数の多いナマズ達に餌をあげることが出来ます。餌をあげると、うじゃうじゃと気持ち悪いくらいにナマズが寄って来ます!

そこで売っていたナマズのエサ用の袋がこれ。
お寺なのに何でUFOかな…

いやーー、しかし、タイは本当に面白いところです。探せば探しただけ面白いもの、魅力的な土地、素敵な事をどんどん発見できる不思議国。ついこないだ帰って来たばかりなのに、もう行きたくなっています。

自由王国タイランド
やっぱり最高です。

次はどんな不思議スポットがあるか…タイからは目が離せませんね!!

■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


人気の記事


今日の新入荷商品