インドの映画スターとクリケット

2009年11月25日     No Comments    Posted under: インドが大好き!!

インドのプロクリケットリーグ(インディアン・プレミアリーグ=IPL)は2年後から2チーム増えることになりました。 すると、サルマン・カーンがオーナーとして名乗りを上げました! 
「ライバルのシャールクと対決したい」と意気盛んです。

球団フランチャイズ権獲得には今や最低2億ドル必要とさえ言われていますが、「必ず獲得する」とサルマンは乗り気満々。 と思っていたら、サンジャイ・ダットとアジャイ・デーブガンもオーナーに名乗りを上げました。
ボリウッドの大御所俳優勢揃いです。そのうちアミール・カーンやビッグBも名乗りを上げるのでは?(笑)

球団オーナーとしては既にシャールク・カーン、プリティ・ジンタ、シルパ・シェッティがいます。
今回の一件で改めてボリウッド俳優たちの裕福さとエンターテイメント性を知りました。


8月29日午後6時半のIBN7特ダネ第1報

シャールクとサルマンのチームの試合なんてまるで映画の脚本。
ファンを喜ばせるツボを彼らは心得ているようです。
ニュースでも「2大スターのクリケット対決」を早くも期待していました。
クリケットをネタにした映画を2人が必ず作ると思いますし。

インドのプロクリケットリーグは8球団が世界中のクリケットスターを掻き集めて豪華にスタート。プロモCMも豪華で、ムンバイ球団はリティック・ローシャン、デリー球団はアクシェイ・クマール(リティックとアクシェイは1年だけでしたが)、バンガロール球団はカトリーナ・カイフ。
シャールクとプリティとシルパが自チームのプロモに登場するのは言うまでもありません。

インドでテレビ局を運営しているソニーはIPLのコンテンツ権を10年間870億ルピー(約1千6百億円!)で契約しています。 ソニーはこの権利収入でかなりの黒字を出している模様です。
全国民クリケットマニアのインドだからこそ可能な数字です。

今年ダントツ最下位だったシャールクのコルカタ球団はCM収入では堂々の1位。契約すればオーナーもセットなので自然とCM契約が多くなるようです。プロクリケット選手たちのCMも断然増えました。

各チームに分配されたテレビ放映権収入は昨年は1試合5千万ルピー(当時約1億円。今年は未発表)でした。今の日本のプロ野球で放映権収入が1試合1億円の球団なんてありません。昔の巨人はその位の価値があったんですけど。
経済力が落ち込んだ我が日本とは違って、元気なインドの豪気な話題は羨ましい限りです。

■気に入ったらシェアしよう!

もし宜しければコメントをどうぞ

XHTML: このコメントは以下のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


人気の記事


今日の新入荷商品