インドのベッドカバー工房を見てきました!!

2009年1月27日     インドのベッドカバー工房を見てきました!! はコメントを受け付けていません。    Posted under: 商品について, 買い付けに行ってきました

僕達がいつも仕入れている商品、時々、どこで、誰がどうやって作っているか分からない事があります。そりゃ、品質が日本製みたいにパリっとしていないし、イイ味があるからインド製なのだと思うのですけど、でもやっぱり、どうやって作られるか見てみたい、と長く思っていました。

ティラキタの商品は、その多くがインドやネパールからやってきています。ネパールは国土がそんなに広くなく、生産者の方の顔も見れるので、誰が作っているのかがよく分かるのですが、インドはそうは行きません。広いインドの中には数多くの特産品があり、その土地、その土地でまた別々の魅力を持つものが作られています。

聖地バラナシでは昔からバラナシシルクと呼ばれるシルクサリーが有名ですし、何年か前に地震があったグジャラート州のアーメダバードでは伝統的にコットン製品が有名です。アーメダバードのコットン製品は、白い布に糸を巻きつけてから染めるタイダイ染めを代表として、パンジャビドレス、バッグまで多彩な物が作られています。

デリーから6時間南下した所にあるジャイプルでは、オールドファッションな雰囲気をもつジャイプルバングルや、サンガネールと呼ばれ木版の布製品が非常に有名です。また、カルカッタは楽器の街として知られ、「楽器だったらカルカッタ」と言うのはインド古典楽器奏者の常識です。

そんな広いインドですが、今回は、デリーから6時間南下した所にある古都ジョードプルにベッドカバーの製作工程を見学に行ってきました。ジョードプルは街中の建物が青く塗られているためにブルーシティーとして知られ、砂漠の街ジャイサルメールの入り口としても有名なラジャスタン州の大都市です。

ジョードプルから車に乗ること1時間。車はあっという間に市街地を離れ、半砂漠地帯に入っていきます。あれ?視界に何もなくなったな…と思うと、目の前に工房が現れました。


まず、僕を出迎えてくれたのが、この変な板。グリーンで、翌見るとベッドシーツのパターンが付いています。とにかく凄く大きくて、小柄な女性ぐらいあります。枠は金属製で、無骨です。枠にスクリーンが非常にピン!!と張られています。何でもいいかげんなインドですが、これは凄くしっかり、丁寧に作られていました。

「これはナニ?」と近くにいたインド人に聞いてみると…「これはスクリーンだよ!!」と言う答え。「スクリーン? これで何するの?」と改めて聞くと、「それはね…」と工房の中に案内されました。

工房はとにかく広い!! 小学校の体育館くらいあるでしょうか? 屋根は2.5mくらいでそんなに高くありませんが、凄い数の扇風機が天上から釣り下がっています。そこに長ーーーーい板が7台。そして染色された布が広がっていました。台に触ってみると、ちょっとペトペトします。

染色の方法をインド人に聞くと…まず、台をできるだけキレイにします。その後、白い布を台の上に広げます。これは出切るだけピンと広げなければいけないそう。その上から、先ほどの緑色の板を重ね、版画の要領で染色していきます。

この写真に写っている布は5色ぐらい使われているので、5回、別々の色の半を順々に重ね、染色していくのだそう。出来るだけ早く色を重ねたいから、印刷した後は扇風機を回しっぱなしにするのだそうです。「重ねて印刷するとそうすると、柄がずれない?」と聞くと、台の横に小さな棒があるのを指差されました。「これにスクリーンを合わせていけば絶対にずれないんだ」とのこと。ローテクだけど、効果的な方法であるようです。

染色が終了し、乾いたと言ってもそれで完成ではありません。印刷した布はただ印刷しただけなので、色が簡単に抜けてしまいます。それを防ぐためにこちらの大きなプールで何回も何回も洗い、色止めをします。最低10回は洗うのだと言っていました。「そうしないと、海外には出荷できないんだよ」とのこと。海外に輸出する物はやはりとっても気を使うのだそうです。

洗い終わったらこの様に干します。干すのも全部手仕事。上の桟に小柄な職人さんが乗って、一枚一枚、重ならないように丁寧に広げていきます。下から見ていると落ちそうで怖いのですが、当の職人さんは慣れたもの。ひょいひょいと布を広げていました。広げた後は本当にキレイ!! 色が満開で凄く素敵です。

この後切断し、端を縫製して、パッキングして、飛行機に乗せられ、ティラキタにやってきます。

スクリーンを作成し、染色し、水洗いし、干し、切断し…全てが手仕事。インドのベッドカバー工房では便利な機会はほとんど使われてませんでした。ああ、だからインドのベッドカバーはいい味だし、また、たまに色が抜けていたり、色がずれていたりするのだなぁ…と強く思ったのです。


■気に入ったらシェアしよう!

Comments are closed.

インド雑貨・アジアン雑貨・民族楽器- ティラキタのブログです。僕たちが大好きな面白インド&アジアを楽しく紹介しています

今日のセールをピックアップ


人気の記事


今日の新入荷商品